母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

個数:
電子版価格 ¥1,080
  • 電書あり

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2019年05月20日 13時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784103521617
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

内容説明

母を失った後の日々で僕が知った、最愛の存在がいない世界とその死の本当の意味。死後1年、母から届いたスペシャルな贈り物とは―。涙と感動のエッセイ漫画。

目次

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
僕はまだ母のアドレスを消せないでいる
ずっとあんたのそばにいるからね
僕の自慢話を喜んでくれる人
あの時、母は根拠の無い自信に満ちていた
百日詣でをする僕と写真整理を始める母
病室の結婚式
最愛の人との別れ
形見が欲しい
葬儀
地元に埋まっている地雷のような思い出
実家と父親
兄と僕でお墓を買いに行った日
一周忌
ハナエへ(前編)
ハナエへ(後編)
最後の晩餐に食べたい物は
帰郷

著者等紹介

宮川サトシ[ミヤガワサトシ]
1978年生まれ。岐阜県出身。コメディー『東京百鬼夜行』で2013年デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

映画化決定! 母を失った後の日々で僕が知った、最愛の存在がいない世界とその死の本当の意味。涙と希望に溢れる家族エッセイ漫画。感動の実話、待望の映画化! 涙と希望に溢れる家族エッセイ漫画。「あんたもワテが産んだ傑作やでねぇ、なんも心配しとらんよ」。かつて僕が白血病になった時、母はこう笑い飛ばした。今度は僕が母を救う、そう決めたはずだったのに。死が近づく闘病の日々と、母を失った日常で僕が知った、最愛の存在がいない世界とその死の本当の意味。死後1年、母から届いたスペシャルな贈り物とは。特別編も収録!

宮川 サトシ[ミヤガワ サトシ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件