神の悪手

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

神の悪手

  • 芦沢 央【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 新潮社(2021/05発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2021年11月29日 15時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 212p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103500834
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

破滅すると分かっていたのに、なぜ選んでしまったのか。仰天ギミック満載!将棋に魅了された者たちの苛烈な運命を描く感動ミステリ。

内容説明

26歳までにプロになれなければ退会―苛烈な競争が繰り広げられる棋士の養成機関・奨励会。リーグ戦最終日前夜、岩城啓一の元に対局相手が訪ねてきて…。追い詰められた男が将棋人生を賭けたアリバイ作りに挑む表題作ほか、運命に翻弄されながらも前に進もうとする人々の葛藤を、驚きの着想でミステリに昇華させた傑作短編集。

著者等紹介

芦沢央[アシザワヨウ]
1984(昭和59)年、東京生れ。千葉大学文学部卒業。2012(平成24)年、「罪の余白」で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュー。2016年刊『許されようとは思いません』が第38回吉川英治文学新人賞候補に、2018年刊『火のないところに煙は』が第32回山本周五郎賞候補となり、第7回静岡書店大賞を受賞、さらに、第16回本屋大賞にノミネートされる。2020年刊『汚れた手をそこで拭かない』が第164回直木賞候補、第42回吉川英治文学新人賞候補となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

351
芦沢 央、3作目です。本書は、将棋ミステリ短編集、オススメは、『弱い者』&『恩返し』です☗ 私は将棋に関しては素人なので、棋譜等に関して詳しいと、より楽しめると思います☖ https://www.shinchosha.co.jp/book/350083/2021/06/13

しんたろー

286
芦沢さん新作は将棋に関わる人間模様を描いた5つの短編…「芦沢さんが将棋?柚月さん『盤上の向日葵』の後追い?」と邪推したが、心理描写とミステリ要素を絡めてグイグイと読ませる腕は健在。ルールを知らない人でも、人間自体の様々な感情を「そうだよなぁ!」と思えるように描いているので充分に楽しめる筈。特に、避難所で将棋ボランティアの活動を描いた『弱い者』と、駒師という珍しい存在の目線で綴った『恩返し』は意外性と人情味が絶妙にミックスされていて唸らされた。数年ぶりに将棋を指したくなったが、駒も将棋盤も行方不明(苦笑)。2021/07/20

美紀ちゃん

228
将棋についての短編集。 なるほど、将棋の世界にもAIはもう浸透しているようで、 それによって「正解」を確認したり 評価値が出たり、観戦者は書き込みができるようになったり。 AI便利。 悪手を打ってしまった瞬間の嫌な汗が滲み出るような恐ろしい事態の様子にとてもドキドキした。 駒の書体なども色々あることに驚いた。 駒の職人の師弟戦! 伝統工芸の世界も厳しい。2021/06/21

のぶ

227
将棋をテーマにした5つの作品が収められている短編集。話としてはどれも面白かったが、ミステリーとしての要素は弱いと思った。表題作の舞台は奨励会。26歳までにプロになれなければ退会の厳しさの中での葛藤が見事に描かれていた。「ミイラ」は詰将棋の不思議な魅力を取り上げていて興味深かった。最後の「恩返し」では日頃あまり取り上げられない、タイトル戦の対局前検分や、感想戦が盛り込まれていて嬉しかった。自分は柚月裕子さんの「盤上の向日葵」が好きだが、芦沢さんには今後それに匹敵する長編を読ませてもらいたい。2021/05/30

いつでも母さん

212
将棋を指さなくても物語に入って行ける短編5話。その先が気になったタイトル作、助けてよの『弱い者』、深いなぁの『恩返し』が好み。特にラストの駒師の作品は駒師の仕事の奥深さが良かった。次は長編でガツンと読みたい芦沢さんだった。2021/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17922660

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。