解散後全劇作

解散後全劇作

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 373p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103405115
  • NDC分類 912.6
  • Cコード C0093

内容説明

劇団夢の遊眠社解散後の全作品。『キル』『贋作・罪と罰』『TABOO』『赤鬼』『ローリング・ストーン』を全収録。野田秀樹略年譜、エッセイ5篇付き。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Moeko Matsuda

6
これが本当にね、どれも凄まじいのよ…凄まじいんだけど、私の中ではやっぱり「赤鬼」が圧倒的。今、この時代の雰囲気だからこそ余計に感じるのかもしれないけれど。訳のわからないものを知ろうとする者、嫌悪する者、排除する者…未知との遭遇には色んな反応をする人がいて、その間には橋のない川がある。知ることから理解は生まれるけれど、知ったら理解できるとも限らない、という残酷さ。それをまざまざと描きだしてる。私も貴方も人間であるように、言葉が通じなくても、ここにいるのは私達と同じ人間だろう。という強烈な、遥かな訴え。2019/08/23

Washoe2.0

2
“いつわりは、真実を生むためのつわりだ。”2021/08/10

かいら

2
タブーと赤鬼が面白かった。キル読みたさに読んだのに…。正誤も善悪も揺らすような、言葉遊びと論理の華麗なるスライド。2010/05/16

つなの

1
この本を読了→本を閉じるや否や、図書館へ急ぎ→野田秀樹の他作品をソッコー借りた。す、すげぇ化け物に出会っちまったぜ…ドキドキ、バクバク。次の公演を観に行っちゃってる私が容易に想像できるのである。2015/05/13

ようすけ

1
贋作が読みたくて購入。結果、全作通じて野田ワールドに魅了された。言葉遊びや、込められたメッセージが響いてくる。言葉を抜粋しても、なんら色あせないようなそんな宝石箱をつくってはひっくり返す、そんな作品群だ。2008/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/490913

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。