幻のアフリカ納豆を追え!そして現れた“サピエンス納豆”

個数:
電子版価格 ¥2,090
  • 電書あり

幻のアフリカ納豆を追え!そして現れた“サピエンス納豆”

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月18日 04時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 366p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103400721
  • NDC分類 383.844
  • Cコード C0095

出版社内容情報

世界最大の納豆地帯は西アフリカ!? IS支配地域から南北軍事境界線まで、未知なる納豆を追い求める。驚天動地の熱愛発酵大紀行!

内容説明

納豆は日本固有のものではない。いや、それどころか世界の食は納豆に通じていたのだ―。ナイジェリア、セネガル、ブルキナファソ、朝鮮半島。イスラム過激派出没地域から南北軍事境界線まで、著者は幻の納豆を求めて彷徨い歩く。限界集落に伝わる隠れキリシタン納豆とは何か。果たしてアフリカ人を熱狂させる納豆炊き込み飯、ハイビスカス納豆、バオバブ納豆は見つかるのか。そして、取材の末に辿り着いた、人類の食文化を揺るがす新説「サピエンス納豆」とは一体…。これぞ、高野ワークスの集大成。

目次

第1章 謎のアフリカ納豆―カノ/ナイジェリア
第2章 アフリカ美食大国の納豆―ジガンショール/セネガル
第3章 韓国のカオス納豆チョングッチャン/DMZ(非武装地帯)篇 パジュ/韓国
第4章 韓国のカオス納豆チョングッチャン/隠れキリシタン篇 スンチャン郡~ワンジュ郡/韓国
第5章 アフリカ納豆炊き込み飯―ワガドゥグ~コムシルガ/ブルキナファソ
第6章 キャバレーでシャンパンとハイビスカス納豆―バム県/ブルキナファソ
第7章 幻のバオバブ納豆を追え―ガンズルグ県/ブルキナファソ
第8章 納豆菌ワールドカップ―東京都新宿区
第9章 納豆の正体とは何か
エピローグ そして現れたサピエンス納豆

著者等紹介

高野秀行[タカノヒデユキ]
ノンフィクション作家。1966(昭和41)年、東京都生れ。早稲田大学卒。89(平成元)年、同大探検部における活動を記した『幻獣ムベンベを追え』でデビュー。2006年『ワセダ三畳青春記』で酒飲み書店員大賞を受賞。13年『謎の独立国家ソマリランド』で講談社ノンフィクション賞を、14年同作で梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆいまある

124
納豆の研究書として遂に世界最高峰。日本人は外国人を見ると「納豆食べられる?」と嫌がらせのように聞くが、なんと西アフリカの広範囲で納豆を食べる。稲作もするのでアフリカ人も白いご飯に納豆である。納豆は大豆以外からも作られる。西アフリカに自生するパルキア、ハイビスカスの種、なんとバオバブの種も納豆として食べられている。辺境食になりやすい納豆だが、韓国では地域差なく食べられる。これは韓国の醤油や味噌が、麹菌と納豆菌両方で発酵させるので調味料とともに広がったから。高野さんも大人になりここまで熟成されるとは。2020/09/27

ジュール リブレ

78
朝ごはんの友、納豆を追って世界を駆け巡る?実はアジアにもアフリカにも納豆はあったのだ。それも大豆だけでなく、ハイビスカス納豆や、星の王子さまの描いたバオバブ納豆までも。作中に出てくる健ちゃんは動画でも見られるとのこと。ナイジェリアのTVコマーシャルもなかなか。各国とも自分の国の納豆が一番美味しいのだ。怖いもの見たさで一度食べてみたい。https://www.ajinomoto.co.jp/company/jp/features/report/035.html2020/09/23

タカユキ

75
筆者の世界各国の文化へのリスペクト、そして各地で出会う人・食・酒への愛が素晴らしく納豆の謎探究の旅に一気に引き込まれます。文章はもちろん、壮大な仮説設定や検証の手法までにも筆者の好奇心が溢れ出ている。それに導かれるように不思議な出会いがあり謎を解き明かす。楽しく読ませながら新たな気づきを与えてくれる!エンタメの顔をした、とんでもない学術書なのではないか?と思ってしまう! 世界の食文化の多様さ、深さに感服。高野さんがアフリカで遭遇した「全納豆料理の中の最高峰」もとても美味しそう。また納豆を追う旅を読みたい!2020/10/30

pohcho

59
納豆の旅第二弾。今回はアフリカと韓国。セネガルが美食大国というのも初めて知ったがブルキナファソのごはんがすごく美味しそうで驚いた。韓国のDMZ(非武装地帯)の話も興味深い。納豆菌ワールドカップも楽しかった。食をテーマにした辺境旅ものとしても楽しいし、出てくる人も面白いし(幼なじみの健ちゃんが好き)知られざるアフリカや韓国の文化は興味深く、学術的な面白さまであり。とても素晴らしい(スンバラしい?)本だった。世界納豆探求の旅はこれで完結とのことだが、もう少しゆるめの趣味の納豆旅本もいつか出してくれたら嬉しい。2020/09/29

ジュール リブレ

57
アナザーストーリーを教えてもらいました。なかなか読み応えありなので。 https://note.com/magicboy/n/n1b2c7d47ba7b2020/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16353008

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。