• ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 157p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103336426
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

仕事を辞め、夫の田舎に移り住んだ夏。奇妙な獣の姿を追う私は、得体の知れない穴に落ちた。芥川賞受賞作を含む、待望の第二作品集。

奇妙な獣のあとを追ううちに、私は得体の知れない穴に落ちた――。仕事を辞め、夫の田舎に移り住んだ夏。見たことのない黒い獣の後を追ううちに、私は得体の知れない穴に落ちる。夫の家族や隣人たちも、何かがおかしい。平凡な日常の中にときおり顔を覗かせる異界。『工場』で新潮新人賞・織田作之助賞をダブル受賞した著者による待望の第二作品集。芥川賞候補となった表題作ほか二篇を収録。

内容説明

仕事を辞め、夫の田舎に移り住んだ夏。見たことのない黒い獣の後を追ううちに、私は得体の知れない穴に落ちる。夫の家族や隣人たちも、何かがおかしい―。ごく平凡な日常の中に、ときおり顔を覗かせる異界。『工場』で話題を集めた著者による待望の第二作品集。芥川賞受賞作のほか「いたちなく」「ゆきの宿」を収録。

著者等紹介

小山田浩子[オヤマダヒロコ]
1983年広島県生まれ。2010年「工場」で新潮新人賞受賞。2013年、初の著書『工場』が第二六回三島由紀夫賞候補となる。同書で第三〇回織田作之助賞受賞。「穴」で第一五〇回芥川龍之介賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

500
第150回(2013年下半期)芥川賞受賞作。時間が間延びしたように過ぎてゆく田舎の日常と、図らずもそこで暮らすことになった「お嫁さん」こと「私」の一夏の時間を淡々と描き出してゆく。とうとう何者なのかはわからない動物と、それが掘ったであろう穴。雨の日にも早朝から庭に水を撒き続ける義祖父と、今ひとつ実態の定かでない義兄。そうした存在も、ここでは日常の裏側に潜む不思議や、あるいは不条理としては働かない。むしろ、退屈な日常の時間を、より強固にすべく機能しているのである。穴は見ようとしないだけで、そこにいつもある。2015/01/21

遥かなる想い

498
第150回芥川龍之介賞受賞。 仕事をやめて、夫の実家の 隣に移り住む私。 全編にじわじわと広がる不気味さが 「穴」の世界なのだろうか。 多忙だった日々と、何もする ことのない日々との対比が 上手い。穴に落ちた私と、そこから 見える風景。まわりに蠢く獣と ともに、不気味な人々。義弟は 何の象徴だったなのだろうか… 得体の知れない世界が記憶に 残る、そんな話だった。2014/06/21

zero1

252
小説とは何か。全てが分かる文章は説明。見えないものを理解するところに意味がある。そして言葉ではなく、まず小説がある。近年、言葉のために小説があると勘違いした作品が多い。芥川賞選考委員の川上弘美がいかにも推しそう(後述)。緻密な描写は純文学しているし、無計画なようで構成が光る。共働きだった主人公あさひは、夫の転勤で実家の隣に専業主婦として住む。始まった田舎暮らし。見かけた獣を追って穴に落ちる。出られなければ「砂の女」だが違う。謎の男は幻?穴の意味は?地味な作品を評価する場として、芥川賞は必要だ。2019/07/15

hiro

230
『工場』に続いて小山田作品2冊目。芥川賞受賞作ということで読んだが、『工場』のほうが断然よかったというのが正直な感想だった。川上弘美さんの直木賞受賞作『蛇を踏む』を読んだときにも感じたが、私にはテーマさえもわからなかった。毎回ではないが、読みにくい文体、テーマがわかりにくいなど、純文学の芥川賞受賞作には難しい作品が多いと感じる。私には候補作だった岩城けいさんの『さようなら、オレンジ』のほうが読みやすく、テーマもわかりやすかった。続けて、同じく候補作だったいとうせいこうさんの『鼻に挟み撃ち』を読んでみます。2014/04/17

えむ

182
主人公あさひは、夫の転勤に伴って非正規の仕事を辞め、赴任先に近い義母の隣に移り住む。専業主婦となり生活のリズムが変わった。穴、黒い獣、子供、義兄が登場する。しかし、義祖父の死とともにそれらは消える。人との繋がりが薄い人の妄想、不安、恐怖。違うな。見ない人には存在しない、見る人には存在する。これが何を象徴しているか。純文学作品は難しい。2014-86。17422014/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7880256

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。