いつまでも男と女―老いかたレッスン

個数:
  • ポイントキャンペーン

いつまでも男と女―老いかたレッスン

  • 渡辺 淳一【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 新潮社(2014/02発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 21時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784103248194
  • NDC分類 914.6

内容説明

上り坂も下り坂も、人生のすべてを生きるために。大好評!「老活術」実践編。

目次

第1部 男と女は違う(雄弁は長命、沈黙は短命;恋愛は変わること;進歩しないもの ほか)
第2部 恋愛で若返る(高齢男性の一人暮らし;高齢者が欲しているもの;年の差婚に思う ほか)
第3部 老いてこそ知る(ぎらぎらして生きよう;さまざまな時が;チークでリハビリ ほか)

著者紹介

渡辺淳一[ワタナベジュンイチ]
1933年北海道生まれ。医学博士。’58年札幌医科大学医学部卒業後、母校の整形外科講師をつとめるかたわら小説を執筆。’70年「光と影」で直木賞、’80年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で吉川英治文学賞、2003年紫綬褒章、菊池寛賞、’11年には『天上紅蓮』で二度目の文藝春秋読者賞(一度目は1983年)など受賞歴多数。作品は医学を題材とした現代小説、歴史小説、伝記的小説、男女の本質に迫る恋愛小説と多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

躰の衰えは自然の理。年齢を重ねても、年齢を重ねた今こそ、できることがある。いつまでも「男と女」でいるための「老活術」応用編。

老いてこそ、ぎらぎらして生きよう。命ある限り、男と女でいたいから。躰の衰えは、自然の理。年齢を重ねても、できることがある。年齢を重ねたからこそ、わかることがある。老いつつある躰とのつきあい方から、高齢者ならではの恋愛と夫婦のありよう、リハビリと出会いを兼ねた一石二鳥の妙手、二人の時のマナーまで――。いくつになっても「男と女」であるための、大好評「老活術」実践編。