• ポイントキャンペーン

昭和の爆笑王 三遊亭歌笑

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 394p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103245315
  • NDC分類 913.6

内容説明

「珍顔」で戦中~戦後の落語界を席巻。33歳で進駐軍の車に轢かれて即死。初めて描かれるその全生涯。

目次



家出
野宿
金語楼
柳橋
弟子入り
東宝名人会
出逢い
弟弟子と二代目寿限無
初恋
二ツ目
純情詩集
二二子
銀座と女とリンゴの歌
再び顔
グッドバイ

著者紹介

岡本和明[オカモトカズアキ]
1953(昭和28)年生まれ。趣味が嵩じて落語、江戸小咄等に関わるようになる。父は超常現象研究家・中岡俊哉。曾祖父は明治期の大浪曲師・桃中軒雲右衛門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「汐を吹くクジラは海のポンプかな。我が母の胸はミルクのタンクかな」

三平が憧れ、談志はその死に涙した――極端なエラ張り・斜視・弱視の「珍顔」でいじめられっ子だった少年が、やがて終戦直後の暗い世相を吹き飛ばす元祖「爆笑王」に! 弱冠33歳にして、進駐軍のジープに轢かれて即死するまでを一気に綴る爆走ノンフィクション! 死の直前、大宅壮一との対談風景を含む初出写真多数収録。