日本の聖域(サンクチュアリ) 偽装の国

個数:
  • 電書あり

日本の聖域(サンクチュアリ) 偽装の国

  • ウェブストアに在庫がございます。受注日から通常3日以内に発送いたします。
    午前10時30分までにご注文の場合、最短で当日の発送となります。
    ※複数冊ご注文の場合や、医学書等一部の商品については、3日以内に発送できない可能性がございます。
    ※まれに、在庫切れや事故等により、納期が遅延したり入手不能となる可能性もございます。予めご了承ください。
    ※お届け先に店舗受取サービス(送料無料)をご指定いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後にご指定下さい。詳細はこちら
    お受け取りご希望店舗は国内の全店舗からお選びいただけます。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103244226
  • NDC分類 304
  • 電子版価格 ¥1,209

内容説明

被曝医療、厚労省「薬系技官」、児童相談所、在沖縄海兵隊…そこで跋扈するのは誰なのか。背徳、利欲、癒着に偽善、「鉄面皮」たちの不透明な正体を暴く。

目次

第1部 誰がための国益か(厚労省「薬系技官」―薬害はまた起こる;児童相談所―虐待死防げぬ「社会の暗部」;「法螺吹き」気象庁―誰も責任取らない「技官の園」;新聞休刊日―「一斉は偶然の一致」で押し通す;東海道新幹線―「安全神話」に陰り;犯罪被害者の会―「厳罰化」に走るのは果たして健全か;日本赤十字社―血液事業「独占」で利権の巣窟に;米軍「横田基地」―返ってこない空)
第2部 不実と惰性の連鎖(偽装農家―日本の農業を蝕む元凶;公安調査庁―存在意義のない「無能官庁」;箱根駅伝―歪んでしまった「国民的行事」;NHKと相撲協会―「共同正犯」;「地震予知」という大嘘―科学者の「良心」が問われている;原子力村―解体は至難;「主犯GE」フクシマの罪―米政府を後ろ盾の傍若無人;世論調査―政治を劣化させる「魔物」)
第3部 私欲のみがまかり通る(福島を食い物にする「被曝医療」―御用学者のやりたい放題;記者クラブ制度―これでは真実は伝わらない;利権と化した「除染事業」―まんまと焼け太る「原子力村」;ままならぬ「尊厳死」―病院では安らかに死ねない;「宝くじ」の闇―総務官僚が公然とピンハネ;子どもたちの被曝―行政の無能で拡大する「人災」;東京大学地震研究所―狼少年どころか今や「恐喝屋」;行政委員―利権と化した現代の「名誉職」;在沖縄海兵隊―「移転」でも土地は返らず負担も減らず)

出版社内容情報

背徳、利欲、癒着に偽善……。国の中枢に跋扈する官僚、学者、企業、さらには大マスコミの不透明な正体を暴く。好評シリーズ第二弾!

そこに跋扈するのは誰なのか! 罪深き者たちの素顔を、白日の下に曝す。背徳、利欲、癒着に偽善、国の中枢で「甘い汁」に群がる者たちの不透明な正体。無責任の牙城と堕した役人の園、特定の人間のためにのみ機能する公機関、破綻後も存続する奇っ怪な制度。厚労省薬系技官、偽装農家、児童相談所、さらには被曝医療……。国民を喰いモノにする「鉄面皮」を一刀両断。会員制情報誌、好評連載!