すべて僕に任せてください―東工大モーレツ天才助教授の悲劇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103147619
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

頼まれると断れず、次々と降りかかる膨大な雑用に疲弊し、ポスト争いや「調整」に翻弄される日々―。成果として論文の数を問われるものの、本業である研究に没頭すること自体がいかに難しいか。元東工大教授が、共に勤務した研究者の半生を通じて明かす、理工系大学の実態。「科学技術立国日本」の裏面史。

目次

“ちょっと変わった”助手
「天才くん」登場
4000時間のバケモノ
スター誕生
ドンを敵に回す
幸せだった日々
2人の“叔父”と4人の師
東工大への帰還
助教授というポスト
ベルギー留学
うるさい教授
文理融合プロジェクトを立ち上げる
もう、うんざりなんです
生みの苦しみ
革命的プロジェクト
すべて僕に任せてください
病をおして
原子炉停止
トコトンやった
ドン・キホーテのどこが悪い

著者等紹介

今野浩[コンノヒロシ]
1940年生まれ。東京大学工学部応用物理学科卒業、スタンフォード大学大学院オペレーションズ・リサーチ学科博士課程修了。東京工業大学大学院社会理工学研究科教授等を経て、中央大学理工学部経営システム工学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

論文の数に問われ、膨大な雑用に疲弊し、ポスト争いや「調整」に翻弄される。 ― ひとりの研究者の半生が伝える、才能を磨耗させる理工系大学の実態とは。