自転しながら公転する

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

自転しながら公転する

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 480p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103080121
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

結婚、仕事、親の介護、全部やらなきゃダメですか? ぐるぐる思い惑いながら幸せを求める32歳の都を描く、共感度100%小説。

内容説明

東京で働いていた32歳の都は、親の看病のために実家に戻り、近所のモールで働き始めるが…。恋愛、家族の世話、そのうえ仕事もがんばるなんて、そんなの無理!誰もが心揺さぶられる、7年ぶりの傑作小説。

著者等紹介

山本文緒[ヤマモトフミオ]
1962年神奈川県生れ。OL生活を経て作家デビュー。99年『恋愛中毒』で吉川英治文学新人賞、2001年『プラナリア』で直木賞を受賞した。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さてさて

789
会社に、恋愛に、介護にと同時に押し寄せる様々な悩みの中もがき苦しみながらも前を向いて歩んでゆく主人公・与野都。思わず登場人物達に感情移入してしまうリアルな人生の物語。それは、私たち自身も「自転しながら公転する」、そんな毎日を送っているからなのだと思います。私たちは、他の軌道を回る人を見ながらも、そんな他の人の軌道に移ることはできません。私たちは私たちそれぞれの軌道を「自転しながら公転する」しかないからです。そんな私たちそれぞれの自転と公転の人生に幸あれ!そんな風に感じた読み応え十分の素晴らしい作品でした。2021/02/20

starbro

744
七年ぶりの新刊、久々山本 文緒の作品を読みました。本書は、アラサー女子のリアル、令和著者版金色夜叉の秀作、読み応えがありました。今年のBEST20候補です。茨城のアウトレットとは、あみプレミアム・アウトレットでしょうか? https://www.premiumoutlets.co.jp/ami/ https://www.shinchosha.co.jp/jiten-kouten/2020/11/11

ミカママ

740
語彙や文章のスタイルが、意図せずにこちらの心の襞にグイグイ沁みてくる作家さん、というのが存在する。わたしにとって山本文緒さんはその代表的なひとり。長いこと体調を崩されていて、ファンとしては心配ながらも新作を首を長くしてお待ちしていた。7年ぶりだというこの長編、冒頭はその閉塞感から息の詰まるような思いもしたし、主人公の母親の更年期障害からのうつ病は、おそらくご自身の体験を余すことなく描かれたのだろう。プロローグとエピローグは書き下ろしとのことだが、この加筆部分のスゴさにも舌を巻いた。さすがだぜ。2020/12/20

nanako

679
いやぁ、山本文緒作品、久々に読みました。「こんな感じの作品を書く作家さんだったっけ?」というのが最初の印象ですが、こんな感じ、嫌いじゃないです。都は現実的でないような、極めて身近に起こりうるような、様々な出来事…に直面、その度にかなりイライラさせられますが、応援したくなってしまう不思議で魅力的なキャラクターでした。エピローグで明かされる「その後の都」と、頼りない都がなんとなく結びつきませんでしたが、彼女も強くなった、ということでしょうか?^^♪2021/05/09

bunmei

583
『本屋大賞』候補作品コンプリート。30代女性を主人公に、派遣の仕事や立場、親の看病、恋愛等、リアルな日常場面を切り取り、その折々の複雑な感情や葛藤を、妙に生々しく描いている。男の自分から見ても、同世代女性の中には共感する人も多いだろうと感じた。また、年頃の娘を持つ父親として、寛一のような男を娘から紹介されたら、やはり、簡単には受け入れ難い。様々な苦悩の中、自分の人生だからこそ『自転しながら公転する』の表題通り、歩み続けるしかないのだろう。それぞれにとっての「幸せとは何か?」を問いかけてくる一冊である。 2021/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15878878

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。