• ポイントキャンペーン

8月15日の特攻隊員

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103050513
  • NDC分類 916

内容説明

日本中が涙に暮れ、あるいは呆然と立ち尽くしていた、昭和20年8月15日夕刻。それでもなお、大分から沖縄の米軍目がけて決死の攻撃を敢行した23名の隊員がいた。隊を率いた長官の名から「宇垣特攻」、またその名を「最後の特攻隊」―。その謎めいた部隊にいた血縁の足跡を辿るべく、25歳の著者は、一人、各地を訪ね歩く旅を始めた…。異色の戦争ノンフィクション。

目次

序章 旅のはじまり
第1章 「ヨカレン」って何ですか?
第2章 硫黄島をめぐる出陣
第3章 八月十五日
第4章 拒絶反応
第5章 自衛隊の「彼」
第6章 遺品を追って
終章 「最期」の島

著者紹介

吉田紗知[ヨシダサチ]
昭和54年福島県いわき市生まれ。駒沢女子大学卒。旅行代理店勤務、国立大学事務補佐員、厚生労働省非常勤職員を経て現在に至る。25歳のとき、祖父の死をきっかけに、一人、戦史研究を始め、栃木、徳島、大分、沖縄など各地を訪ね歩いての聴き取り調査を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

玉音放送五時間後、終戦を知ってなお出撃した23名の「最後の特攻隊」。その中に”おじいちゃん”が!25歳の著者は一人、彼の足跡を辿り始める―。