新潮oh!文庫<br> 妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜

新潮oh!文庫
妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 389p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102900734
  • NDC分類 388.1
  • Cコード C0139

内容説明

妖怪馬鹿―妖怪のことばかり考えている人のこと。本書は、あやかしの都に三馬鹿が集い、行われた座談会の記録である。京極夏彦書下ろし漫画も満載。

目次

序章 妖怪三馬鹿、上洛す。
第1章 我ら如何にして妖怪馬鹿となりしか。
第2章 医者も治せぬ妖怪馬鹿。
第3章 夜の帳は降り、妖怪話は続きけり。
第4章 すべて妖怪の仕業なり。
第5章 妖怪馬鹿と口裂け女。
第6章 そんな妖怪、何処にも居らぬ。
第7章 二十一世紀こそ妖怪馬鹿の時代―か?

著者等紹介

村上健司[ムラカミケンジ]
1968年生れ。妖怪・伝説探訪家。編著書に『妖怪事典』がある

京極夏彦[キョウゴクナツヒコ]
1963年生れ。小説家・意匠家

多田克己[タダカツミ]
1961年生れ。妖怪研究家。『百鬼解読』『妖怪図巻』など、妖怪に関する編著書多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。