新潮文庫<br> 幽霊世界

新潮文庫
幽霊世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 521p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102434017
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

シェイクスピアが、原始人が、ローマ兵士が。天国も地獄も定員過剰になり、死人がおれたちの世界にあふれてきた。いま、やつらに実体はないが、そのうちに…。天地開闢以来の死人という死人が戻ってくる恐怖を描くマキャモンの「幽霊世界」。他にキャンベル、グラント等17人の精鋭が悪夢の世界を描きだすモダンホラー・アンソロジー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kouro-hou

25
1989年の新潮ホラーアンソロジーシリーズの1冊。17篇収録だが別にクーンツによるエッセイ的後書きも。テーマは幽霊、なのでALL幽霊話だが何でも有りな切り口豊富の場外乱闘気味で飽きないw 中でも「刀鍛冶の双眸」はガチな中世日本ネタ。全く違和感なく日本人作者かと思ったら違った。アイエエエ? この本では長め中篇シンクレア「帰郷」の主人公の壊滅的な対人スキルの低さが雰囲気も希望も全てぶっ壊す無情さは泣けるw コミカルに始まるも俺たちの戦いはこれからだ!未完!な勢いのマキャモン「幽霊世界」はやはり上手い。2020/07/23

やんも

2
和風の怨念ものをイメージすると戸惑うかもしれない。序文にあるように既成の怪物にはない、作者の発想の自由さを楽しむアンソロジー。どの作品も恐い、というよりなにか物悲しい。日本ならイイ話で終わるところをひねって、生身の人間と幽霊の共感断絶を描く。あ、実話系怪談が好きな人は、ページを開いたりしない方がよいだろう。2012/09/27

A・K

0
クーンツのエッセイが面白い。怪奇物は空想や幻想に入るが、決して非現実ではなく、現実の一面を表している。他の文学ジャンルが取り扱わないこの世の現実は歴然と存在している。怪奇は臭いものに蓋を映す鏡か。2014/09/08

負け猫

0
やっと読み終わった〜って感じ。これと言っておもしろい話がなかったかも。おすすめはしない。2010/07/14

Chunko

0
幽霊っていう言葉がわからなくなった…序文にもあったけど、なんでもありな感じ。1994/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10902

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。