• ポイントキャンペーン

新潮文庫
セル〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 414p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784102193600
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

口ひげの小男トム、十五歳の少女アリスが仲間に加わった。クレイは彼らとともに最愛の息子の無事を祈りながら「我が家」のあるメイン州を目指す。だがその一方で携帯狂人は群れを形成するようになり、振る舞いも進化していく。そして、リーダーらしき人物の登場…。絶望的なまでに人無き荒野をゆく三人の旅のゆくえと、彼らを襲う悲劇とは。人類の未来をも問う、心揺さぶる結末。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白のヒメ

56
あまりにも多勢に無勢。絶望的な状況の中、どうやって登場人物達は困難を切り抜けていくのか。再読にもかかわらず、物語に引きこまれ、まるで自分も彼らの一員になって、携帯によって人間が変身したゾンビだらけの町を彷徨っているかのようだった。キングの作品はシャインニングなど少年が出てくるものがあるけれど、この物語も12歳の少年の素晴らしい活躍が描かれていて、それが物語に深みを与えている。下巻は息もつかせぬ一気読み。希望を抱けるラストに、力んで読み進めていた全身の力が抜けてほっと息が漏れた。2018/01/06

眠る山猫屋

50
再読。あれれ、キングにしては、原作の方が小気味良い終わり方だぞ。それでもアリスを喪うシーンでは、泣かされてしまいました。ゆっくりゆっくり死に近づいていくアリスの迷妄とした姿が、読み手まで切迫します。ラスト、映画では(配信版ですが)バッドからハッピーエンドまで複数のエンディングを展示し、観客の選択に任せるような演出でしたが、原作はちょっと御都合主義なくらい希望を抱かせて終わります。そう映画『ミスト』原作の『霧』でも微かな希望に向かう終幕でしたよね!きっとクレイはジョニーを取り戻せたはず。2017/10/16

カムイ

42
キングは世紀末的なものを書くと仲間を集める【ザ・スタンド】は典型的なストーリー今回の【セル】はライトな仕上がり、最後まで謎は謎なのだが、キングにしては尻窄みは勿体ない。2020/09/20

ぱんぺろ

33
ラストが秀逸。下巻もあいかわらずはき気とともに、ちょっと倫理的にどーなんだ、と疑問を感じることしばしば。でも、たまにはいいね。こまけーことに目くじらたてちゃダメ。キングらしい虚構の風がふきわたる、壮絶な展開。どーなるんだろ。こーなるんかな。あーなるんかな。うわぁ〜、終わったぁ〜、てんてんてん。なんともいえない余韻。さびしいものがたり。ひかりをねがわずにはいられない。しかし。それでも人は生きてゆく。時を択べるかぎり。どうしても択べないことも、ままあるとしても。次の読書も、もう一度だけキングしよう2018/11/04

Takeshi Kambara

31
ゾンビもので始まったはずの前半からのテレパシーやら脳内インストールやらとサイキックな展開で、終盤は少年ジャンプ的な展開になっていき?とにかく何かと予測不能な下巻を楽しみました。現代人に欠かせないツールとなった携帯を人類滅亡のツールにした発想は凄い恐ろしくも、その効率の良さには寒気がしました(・・;)スティーブンキングの小説を読んだのは初めてだったけどみんなこんな感じのノリなのかな…。英文を日本語に直訳した為に小説としては微妙な表現になっているように感じた部分が結構あり、翻訳ものの難しさを感じました。2016/05/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/546181

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。