新潮文庫
ダーク・タワー〈5〉カーラの狼〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 445p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784102193495
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

凶悪な装備を誇る“狼”たちとの決戦の日はついに来た。“狼”とはいったいなんなのか。キャラハンが封印する水晶球“十三番目の黒球”とは。奇異な振る舞いを続けるスザンナ/マイアの真意は。“暗黒の塔”を守る薔薇の命運に、カーラの人々を組織したローランドの秘策、そして凄絶な戦いの帰趨―。幾多の謎が絡み合い、もつれ合いながらも怒涛のように解きほぐされていく、圧巻の終幕。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

126
やはりかなり「7人の侍」を意識しているのでしょう。村人を組織して対決していく過程など。最後に、狼の正体も明らかになりますがやや簡単にやられてしまう気がしました。話も今後に続けようとするところがあり次が楽しみです。2016/07/14

市太郎

47
カーラ編終焉。黒澤からはじまり、スターウォーズやらなにやら・・・挙句にはハリーポッター。これだけの要素を絡ませてまとめ上げてしまうのは「キング様素晴らしい!」ということになるのだろうか。ネタが無くなったわけじゃないと思いたい。最後は自分の作品まで。何でしょう? これはメタフィクションなんだろうか。物語の終盤数十ページくらいが最大の見せ場だ。散々待たせたわりには〈狼〉との対決は短いしあっけない。いよいよ〈暗黒の塔〉の核心にせまって来ているようなので残りも頑張って読んで行きたい。しかしとにかく長い・・・2014/06/16

あっちゃん

25
今回は「呪われた町」の宣伝巻か?という感じ(笑)スター・ウォーズからハリーポッターまでいろいろ意識した小物満載だった!必要なんだんろうとは思うけど、またしてもニューヨークへ!最早、お出掛けレベルの気安さで行けちゃうんなら、マックとか買ってこれるのでは?とか思っちゃう(  ̄▽ ̄)2016/12/15

ぐうぐう

24
上巻にこんな記述がある。「昼がまぶしく感じられるのは、闇の可能性を孕んでいるからだ」光と影、それは背中合わせ、あるいは一対としてあることを教えてくれるのがファンタジー。そのことをキングは、常に忘れない。『カーラの狼』において、スザンヌの胎内に宿る子が闇の存在であるらしきことも、ファンタジーの鉄則、否、世界の成り立ちとして、ひとつの宿命と言える。「だが、薔薇の中には黒い薔薇もある」また、『ダーク・タワー』がメタフィクションの構造を採用しているのも、それと大いに関係がある。(つづく)2020/07/01

トムトム

14
オオカミとの戦闘シーンが読みたいために、上中巻も読むんだい!気を抜いたら死んじゃう状況、現実にそんなのないから堪能できる2019/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/521334

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。