新潮文庫<br> ローズ・マダー〈下〉

新潮文庫
ローズ・マダー〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 417p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784102193228
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

逃げた先の街でローズが見つけた不思議な絵は、異世界への入口となった。描かれているのは神殿の廃墟を見下ろす女性の姿。彼女のまとう衣服は、ローズ・マダー(赤紫色)。ローズは絵の力を借りて、妄執にとり憑かれたノーマンと対決しようとするが…。何がリアルで、何が非現実なのか?ホラーとサスペンスとファンタジーを巧みに融合させてあなたを未知の世界へと誘い込む。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

121
夫の虐待からの逃避と生還といったオーソドックスな物語にスーパーナチュラルな設定を盛り込んだ物語はファンタジーのように終える。キングは常々家庭内暴力、家庭の中で圧倒的な支配力を持つ夫や父親を描いてきたが、しこりの残る終わり方をしたことは作者自身にとってまだこの家庭内暴力、虐待のテーマは素直に決着を付けられない根の深いものだと云うことか。この令和の今でも社会問題である虐待。確かにその中に取り込まれた者たちには虐待をする者だけでなくされた者も人生において終わりなき代償が必要だと作者は云いたかったのかもしれない。2022/02/07

カムイ

47
作品世界は良いのに駄目なものにこの本を上げるべきなのかもしれないですかね?!ノーマンの追跡の執拗さは特質されると思うし追われるロージの悪夢の再来の演出も見事と思うしなのに何故???ファンタジーにしてしまう辺りがいけなかったのと勝手に読後感がありました。唯一、【ミザリー】に登場する、あっ違うか名が登場するポール・シェルダンにヒュードンドン🎉🎉🎉と喝采を上げていたカムイです。【ミザリー】はキングの作品のベスト3に入れたい作品です🤩🤩🤩最終的にハッピーエンドに終わる、のでいいのか?(木を忘れず)にと2021/10/16

チョッピー

17
ローズとノーマンとのダイナミックなマンハントの展開から大団円へ、と予想した下巻ですが、単純なサスペンスから逸脱した予想外な展開による決着からの、少々蛇足とも思えるエピローグでのローズの言動に至るまでがキングらしい所と思えた作品でした。エピローグの処理のさせ方が同時期にリリースされた『グリーン・マイル』のエピローグの処理のさせ方と似ているようにも思えますが、善悪の対決のような安易な構図に落とさない所は作品によっては良し悪しとも思え、今作はもう少し大人しい決着の方が良かったように思えます。2016/05/14

ぎん

16
あれ?前回読んだときと違い、なかなか楽しめた。「シャイニング」に近いものがあるな。2017/11/20

志田健治

14
なんというお騒がせ夫婦だったのでしょう!DVを扱った内容なのでこんな感想は不謹慎かもしれませんが、ノーマンはどうしようもないクズだし(刑事になっちゃいけない人です)、ローズはローズでだんだん狂気を帯びて行くし、彼女たちのせいで犠牲になった人たちが気の毒でなりません。汚い言葉も連発で、訳者も大変だったでしょうね。そんな不快感を伴いながらも、とても面白かったです。私の中ではガートパートが物語の絶頂でした。シンシアとガートが良いコンビ。二人の友情とガートの強さに目が潤みました。それと「オウシ万歳!」がツボです。2016/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/531655

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。