新潮文庫
シンメトリーの地図帳

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 655p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102184226
  • NDC分類 410
  • Cコード C0198

内容説明

19世紀のパリ、決闘の果てに夭折した天才ガロアは新しい数学の言語を生み出していた。古代ギリシャから続く対称性探求の旅に挑む数学界の探検家たちは、その言葉を駆使して“シンメトリーの素数”を網羅した「地図帳」を完成させる。最後に発見されたのは、19万6883次元の空間に潜む巨大結晶「モンスター」だった―。『素数の音楽』の著者と旅する、美しくも奇妙な数学の世界。

目次

八月―終わり、そして始まり
九月―さいころの次の一振り
一〇月―シンメトリーの宮殿
一一月―一族の集い
一二月―つながり
一月―不可能であるということ
二月―革命
三月―目には見えない形
四月―シンメトリーの音
五月―シンメトリーを利用する
六月―散在するシンメトリー
七月―モンスターを照らす光

著者等紹介

デュ・ソートイ,マーカス[デュソートイ,マーカス] [du Sautoy,Marcus]
1965年生まれ。オックスフォード大学数学研究所教授。現在、リチャード・ドーキンスに続いて「科学啓蒙のためのシモニー教授職」の二代目の教授も務める。2001年、ロンドンの数学学会から40歳以下の最も優れた数学研究者に対して与えられるバーウィック賞を受賞。’03年に刊行した初めての一般書である『素数の音楽』は、世界的ベストセラーとなった。’10年、科学への貢献が認められ、大英帝国勲章を授かっている

冨永星[トミナガホシ]
1955年、京都生まれ。京都大学理学部数理科学系卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

古代から続く対称性探求の果てに発見された巨大結晶「モンスター」。『素数の音楽』の著者と旅する、美しくも奇妙な数学の世界。

19世紀のパリ、決闘の果てに夭折した天才ガロアは新しい数学の言語を生み出していた。古代ギリシャから続く対称性探求の旅に挑む数学界の探検家たちは、その言葉を駆使して “シンメトリーの素数”を網羅した「地図帳」を完成させる。最後に発見されたのは19万6883次元の空間に潜む巨大結晶「モンスター」だった――。『素数の音楽』の著者と旅する、美しくも奇妙な数学の世界。