新潮文庫<br> 夜の樹 (改版)

個数:

新潮文庫
夜の樹 (改版)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月28日 11時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 351p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102095058
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

“恐るべき子供(アンファン・テリブル)”と呼ばれた早熟の天才の代表作。O・ヘンリ賞受賞作「ミリアム」を含む傑作短編集。

ニューヨークのマンションで、ありふれた毎日を送る未亡人は、静かに雪の降りしきる夜、〈ミリアム〉と名乗る美しい少女と出会った……。ふとしたことから全てを失ってゆく都市生活者の孤独を捉えた「ミリアム」。旅行中に奇妙な夫婦と知り合った女子大生の不安を描く「夜の樹」。夢と現実のあわいに漂いながら、心の核を鮮かに抉り出す、お洒落で哀しいショート・ストーリー9編。

内容説明

ニューヨークのマンションで、ありふれた毎日を送る未亡人は、静かに雪の降りしきる夜、〈ミリアム〉と名乗る美しい少女と出会った…。ふとしたことから全てを失ってゆく都市生活者の孤独を捉えた「ミリアム」。旅行中に奇妙な夫婦と知り合った女子大生の不安を描く「夜の樹」。夢と現実のあわいに漂いながら、心の核を鮮かに抉り出す、お洒落で哀しいショート・ストーリー9編。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

267
主としてカポーティが20代の時に書いた短篇小説9つを収録。長編の『ティファニー』などとは随分趣きが違う。訳者も解説で指摘しているが、内向的、内面的な作品が多い。巻頭に置かれた「ミリアム」などは、典型的なそうした小説であり、自己の奥深くに内在する、もう一人の自分と向き合う物語である。また、いずれの物語も多かれ少なかれ、孤独な生をテーマにしており、それは時には少年の悲しみであったりもする。どの作品を採るかは好みの分かれるところだろうが、私は「銀の壜」の持つそこはかとない憂愁に強く魅かれるものを感じる。2014/09/09

buchipanda3

116
初カポーティ。最初の数篇を読み、こういう作風だったのかと少し驚いたが、読めば読むほど物語が醸し出す雰囲気に取り込まれていく面白さがあった。何というか無垢な心が孤独や合理性といった現実に怯え、それを認めたくないかのように幻想的かつ文学的な空想癖を曝け出している感じ。その描写がまた流麗で惹き付ける。終わり方も油断ならない。夢から醒めても得も言われぬ後味が残る。「銀の壜」や「感謝祭のお客」などは違った味わいだがまた良い。解説でアラバマとNYという著者の二面の由来を知り合点。それでも無垢なるものが両面で見られた。2020/12/14

ケイ

88
なかなか読み進められなかった。かなり気が滅入ってきてしまって。気温の寒さと同時に何ともいえないぞっとする感覚に襲われた。2014/08/14

コットン

73
『ティファニーで朝食を』とも『冷血』とも違う9編の短篇集。その中でも初めから3編までが特に印象的。『ミリアム』:ある意味一人住まいに付きまとう恐怖、『夜の樹』:逃げても逃げられない感覚『夢を売る女』:夢を売ることの楽しみと怖さ2018/04/12

南雲吾朗

65
カポーティの短編集。彼の作品を読むのは3作目。「冷血」の時は、人物の細かな心理描写に魅せられ、「ティファニーで朝食を」では自由奔放な生き方に魅せられた。今回の短編集は、人の持つ少し暗い部分に魅かれた。カポーティという作家は非常に幅の広い作風を書く人だと感じた。「感謝祭のお客」の中に出てくる言葉が好きである。「私たちがこの地上で割り当てられている時価は決まっているのよ、憎んだりすることで時間を無駄にしているところを神さまに見られたくないの。」2018/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/525592

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。