新潮文庫<br> 空が分裂する

個数:

新潮文庫
空が分裂する

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年01月29日 03時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 157p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101800462
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0192

出版社内容情報

かわいい。死。切ない。愛。中原中也賞詩人と萩尾望都ら21名の漫画家・イラストレーターが奏でる、至福のイラスト詩集。

殺人も、恋も、すべて空と呼べばいい。今や誰だって言葉を発信できるし、どんな人だって言葉を受信できる。そんな現代に「特別な私」はどこにいる? かわいい。死。切ない。愛。混沌から生まれた言語は、やがて心に突き刺さり、はじける感性が世界を塗り替える。昨日とは違う私を、明日からの新しい僕を、若き詩人が切り開く。萩尾望都ら21名の漫画家・イラストレーターと中原中也賞詩人が奏でる、至福のイラスト詩集。

内容説明

今や誰だって言葉を発信できるし、どんな人だって言葉を受信できる。そんな現代に「特別な私」はどこにいる?かわいい。死。切なさ。愛。混沌から生まれた言語は、やがて心に突き刺さり、はじける感性が世界を塗り替える。昨日とは違う私を、明日からの新しい僕を、若き詩人が切り開く。萩尾望都ら21名の漫画家・イラストレーターと中原中也賞詩人が奏でる、至福のイラスト詩集。

目次

第1部(器械;きみのだいじなコート;14才の化学進化説;放火犯;冬の交差点 ほか)
第2部(花火、逝く;6個目の心臓;きりとられた祝福;夜空の体温、ぼくの気温;時間一周旅行)

著者等紹介

最果タヒ[サイハテタヒ]
1986(昭和61)年、兵庫県生れ。2008(平成20)年、『グッドモーニング』で中原中也賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

51
散文詩とイラスト、しかも文庫という変わった作品。つづられる言葉たちは、どこか直視できない痛みをあらわにしている。詩という表現方法の可能性を見せていただいた。2015/11/01

メルト

44
感情は一人一人微妙な違いがあるはずなのに、表現するとなると「好き」「嫌い」などと単純化されてしまい、その違いは無いものにされてしまう。そのようになるまいと、最果さんなりの言葉で表現された心情がとても伝わってくる詩集でした。その詩をちゃんと感じ取ることができたかは分からないけど、印象に強く残った言葉や、素敵だなと思った詩が多くあったので、また再読したいと思いました。自分なりの言葉や、感情を大切にしたいです。2017/11/23

tenori

39
最果タヒさんの詩は、錆びついた感性の受信度を上げたいときに読みたい。読み手の理解を拒むような孤独や孤立を強く感じるのは、彼女が作品に対しての共感を求めていないから。『感情が美しく見えるのは「誰にもわからない」時だ』とあとがきで語っているとおり、そこにあるものは、誰にもわからない感情の断片なのだろう。「みんなと同じ」は安心かもしれないけれど、そこからは新しい何かは生まれない。はみ出すことへの勇気を与えてくれる独特の世界観は、時に意味不明であっても意外にも心に刺さる。2020/04/09

白パラガス

34
新進気鋭の詩人・最果タヒの詩集。一度は読んでおかねばと半ば義務感で本書を手に取り、最初の頁をめくったのはいいものの、途中から訳が分からなくなって挫折し、今日までずっと本棚に積んでいた、という人も多いと思う。いや、もしかしたら私だけかもしれない。そんな私が再び本書に挑戦しようと思ったのは、先に作者あとがきを読んだためだった。〈私は作品を作るうえで、「書いている時の自分の思考回路を、そのまままるごと言葉に写像すること」を理想にしていた。〉なるほど、頭で理解しようとすることが間違っていたのか。考えるな、感じろ!2019/03/05

江藤はるは

33
死ぬまで、生きたい。2019/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9823178

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。