新潮文庫<br> 十字路が見える

個数:
電子版価格 ¥658
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
十字路が見える

  • 北方 謙三【著】
  • 価格 ¥594(本体¥550)
  • 新潮社(2017/01発売)
  • 【ウェブストア限定】和書・和雑誌全点ポイント5倍キャンペーン(店舗受取サービスは対象外です)
  • ポイント 25pt
  • 提携先に13冊在庫がございます。(2018年01月24日 13時10分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 293p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101464152
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

十字路。それは人生に次々と現れる―。未来が見いだせなかった若き日。新たな可能性に賭けた三十代。そして求めに応じ、ひたすらに小説を書き続けた日々。苦しいとき哀しいとき、寄り添ってくれた音楽、映画、酒。心に刻まれた異郷での体験。我が国を代表する作家が、人生の豊穣と黄昏を軽妙に奥深く綴り、親愛なる読者にエールを送る。迷える男たちよ、ここに君の北極星が輝いている。

目次

第1部 暁に風を追う(さあ歩こうか;昔からロックンロールだろう ほか)
第2部 白昼に霞を食らう(季節を独り占めしてやろう;アディオスだけをぶらさげて ほか)
第3部 夕べに馬乳酒を呷る(パラダイス・アゲイン;耳がどこかに行ってしまった ほか)
第4部 真夜中にひとり哮える(迷惑メールとの悲しき闘い;十八歳だっていばるなよ ほか)

著者紹介

北方謙三[キタカタケンゾウ]
1947(昭和22)年、佐賀県生れ。中央大学卒業後、’70年に『明るい街へ』でデビュー。’81年の『弔鐘はるかなり』で脚光を浴び、’83年『眠りなき夜』で日本冒険小説協会大賞、吉川英治文学新人賞受賞。’84年に『檻』で日本冒険小説協会大賞、’85年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。’89年から歴史小説にも挑み、’91(平成3)年『破軍の星』で柴田錬三郎賞受賞。2006年、『水滸伝』全19巻で司馬遼太郎賞を受賞。’07年、『独り群せず』で舟橋聖一文学賞を受賞。’10年、日本ミステリー文学大賞受賞。’11年、『楊令伝』全15巻で毎日出版文化賞を受賞。’13年、紫綬褒章受章。’16年、『大水滸伝』シリーズ全51巻で菊池寛賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

仕事、遊び、酒――俺はこうして付き合ってきた。君はいま何に迷っている? 日本を代表する作家が贈る、唯一無二の人生指南書。十字路。それは人生に次々と現れる――。未来が見いだせなかった若き日。新たな可能性に賭けた三十代。そして求めに応じ、ひたすらに小説を書き続けた日々。苦しいとき哀しいとき、寄り添ってくれた音楽、映画、酒。心に刻まれた異郷での体験。我が国を代表する作家が、人生の豊穣と黄昏を軽妙に奥深く綴り、親愛なる読者にエールを送る。迷える男たちよ、ここに君の北極星が輝いている。

北方 謙三[キタカタ ケンゾウ]