新潮文庫<br> この世 この生―西行・良寛・明恵・道元

新潮文庫
この世 この生―西行・良寛・明恵・道元

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 206p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101462110
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

花と月とへの憧憬、子供らとの無垢な戯れ、夢遊の至純、浄身の飽くなき実践。―大患を得て自らの死と対峙し続ける体験を持った一人の文学者が、敬愛する四人の先人の、隠者の系譜につらなる詩歌と思想とに深く分け入り、死生観を味読する。その時、未知の死と不可知の死後とが、今・ここにおける生と相結んで、現世浄土を求める地上一寸の声に結晶してゆく…。読売文学賞受賞。

目次

花月西行
遊戯良寛
顕夢明恵
透脱道元
地球浄土

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

獺祭魚の食客@鯨鯢

53
 京大医学部卒の医師であるより、仏教に根ざし生きることへの愛惜を詠んだ歌人として生きた。幾度も大病を患い「いま、ここ」を精一杯生きることを終生思い続けた。  夏目漱石が「修善寺の大患」で「世間との和解」を遂げたように、西行、良寛、明恵、道元ら仏教者と対話しながら、この世との折り合いこそ大切であると考えた。  明日死ぬかもしれないということとは、コロナウイルスで死ぬかもしれないということである。つまり死後のあの世(彼岸)での極楽浄土を夢見るより、今日の生を充足させることこそが真の幸せなのである。 2021/04/08

一穂青燈

3
20代の頃、「もっと大人になってから読もう」と取っておいた一冊。大人になった、かなぁ。圧倒的に教養が足りません。そして、うすうす気がついてはいたけれど、リフレインにものすごく弱いです。いつかまた、ワーズワースを読みたくなりました。2014/08/07

うろたんし

2
歌の話がもっとたくさんあるかと思っていたんだけど、上田三四二の主題はそんなところにはなかったみたい。冒頭にあるとおり、死について、延いては生について、一貫して書かれていた。そこから、生と死とを包含する、地球、宇宙に話が進むのは当然の帰結か。終盤に、著者の口から(手から?)唐木順三の名前が出てきたのには驚いた。中世の文学を少し前に注文したのが届いたところだったから。やはり、読んでいて、知的興味を擽られる文章は、ありがたい。2013/09/03

はるい

2
正法眼蔵は難解で、私などには道元禅師の言葉は一生理解できないと思うが、「存在は相互に切断されながらその時間の微小断片、すなわち刹那においてなおよく世界たりえている。仏法によって、仏性において、世界たりえているのである」という上田氏の文章で、すっと何かが腑に落ちた気がした。義母の最晩年を間近に見て、死とは何かを改めて考えるようになってから初めて、少しではあるけどヒントが見えた。令我念過去未来現在いく千万なりとも、今時なり、而今なり。2013/05/20

McLean

0
病いと闘い、自らの死を現実のものと意識せざるを得なかった著者が切実な気持ちで西行、良寛、明恵、道元という四人の僧侶と対決した書。厳粛な思いで読み終えた。2020/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/218716

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。