新潮文庫<br> たぶんねこ

個数:
電子版価格 ¥649
  • 電書あり

新潮文庫
たぶんねこ

  • 提携先に26冊在庫がございます。(2022年05月19日 01時21分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 344p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101461335
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大店の跡取り息子たちと、仕事の稼ぎを競うことになった若だんなだが……。一太郎と妖たちの成長がまぶしいシリーズ第12弾。

若だんな、そんなに頑張ってだいじょうぶ? 両国を仕切る親分の提案で、大店の跡取り息子三人が盛り場での稼ぎを競うことに。体の弱い一太郎は、果たして仕事を見つけられるのか。妖と恋人たちが入り乱れるお見合い騒動、記憶喪失になった仁吉、生きがい(?)を求めて悩む幽霊……兄やたちの心配をよそに、若だんなは今日もみんなのために大忙し。成長まぶしいシリーズ第12弾。

内容説明

若だんな、そんなに頑張ってだいじょうぶ?両国を仕切る親分の提案で、大店の跡取り息子三人が盛り場での稼ぎを競うことに。体の弱い一太郎は、果たして仕事を見つけられるのか。妖と恋人たちが入り乱れるお見合い騒動、記憶喪失になった仁吉、生きがい(?)を求めて悩む幽霊…兄やたちの心配をよそに、若だんなは今日もみんなのために大忙し。成長まぶしいシリーズ第12弾。

著者等紹介

畠中恵[ハタケナカメグミ]
高知県生れ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学卒。漫画家アシスタント、書店員を経て漫画家デビュー。その後、都筑道夫の小説講座に通って作家を目指し、『しゃばけ』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

156
今回は文庫で12作目ですが、いつもの季節に病を発しなかったので、まわりが気にして半年の間に守ってほしいことを五つ示すのですが、それぞれを破ってしまうということで連作の話が続きます。最後にはいつものように寝付いてしまうのですが、このシリーズは読んでいるとほかの小説とは異なってなんかほっとするような気がします。それでも変なあやかしたちが出ているのですから、変わった小説なのでしょうね。2015/12/24

ゴンゾウ

109
今回も心が暖かくなる作品でした。特に後半の2作品が特によかった。何の為に自分は存在するのだろうか。そんなことを我が身に照らして考えてしまった。自分の居場所はどこなのか?それにしても若旦那の成長を感じさせてくれる作品でもありました。2018/06/06

mocha

105
若だんな、兄や達との約束を全部破るの巻。跡取り息子の競争では、商才のあるところを見せた一太郎、体さえ丈夫だったらなぁ。仁吉、心配したよ。栄吉の後輩たちは現代っ子みたいでむかっ腹がたったし、月丸ははた迷惑だ。そして於こんちゃん首つっこみすぎ!私も気分は離れのあやかしの一員。甘いものを食べながら大いに楽しめた。2016/04/27

またおやぢ

105
兄や達と交わした五つの約束。その五つの約束をそれぞれ破ってしまう話が五つ展開する構成が巧みで、且つその一つ一つの話が良くできている。相変わらず病気がちな若旦那ではあるが、商売に、恋に、友情に、はたまた人助けにと忙しく、しかもその対応に成長を感じるのが何とも嬉しい。読了後胸が温かくなるシリーズ第12巻。2016/01/10

Mark

84
久しぶりのしゃばけシリーズ、今回も若だんなを含め妖たちの活躍が面白い。優しさと温かさが伝わるいいお話ばかり。おぎんが一瞬出てきたのにはびっくり、仁吉の過去を思い出しますね。若だんなも少しづつ大きくなっていくような気がします。それにしてもこれらのお話のリズム感とでもいうのでしょうか、何とも心地よいですね。2015/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10006047

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。