新潮文庫<br> ちんぷんかん

個数:
電子版価格 ¥649
  • 電書あり

新潮文庫
ちんぷんかん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月20日 22時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 343p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101461267
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報



畠中 恵[ハタケナカ メグミ]
著・文・その他

内容説明

「私ったら、死んじゃったのかしらねえ」長崎屋が大火事に巻き込まれ、虚弱な若だんなはついに冥土行き!?三途の川に着いたはいいが、なぜか鳴家もついてきて―。兄・松之助の縁談がらみで剣呑な目に会い、若き日のおっかさんの意外な恋物語を知り、胸しめつけられる切ない別れまで訪れて、若だんなと妖たちは今日も大忙し。くすくす笑ってほろりと泣ける「しゃばけ」シリーズ第六弾。

著者等紹介

畠中恵[ハタケナカメグミ]
1959(昭和34)年、高知県生れ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学卒。漫画家アシスタント、書店員を経て漫画家デビュー。その後、都筑道夫の小説講座に通って作家を目指し、『しゃばけ』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaC

244
買ってから5、6年積んであったし『うそうそ』を読んでから6、7年経ってるから入り込めるかなって心配は無用だった。両親の話が良かった。シリーズ追っかけ再開しようかな。まず手に入れなきゃ。2014/10/09

ヒロ@いつも心に太陽を!

148
どの話も内容が一辺倒に偏ることなく面白かった(*^∀^*)ほんと若だんなと妖たちは毎日大忙し☆三途の川は二度目だなんてそんな貴重な体験してるの若だんなくらいですよ。それにしても藤兵衛は昔からおたえにメロメロだったんだなぁと(笑)おかげで一太郎も生まれてこれたしヨカッタヨカッタ♪でもおっかさんの恋バナ聞いてまた若だんなは恋に憧れちゃったかも(´人`*)小紅の話はせつなくてきゅーってなった。一太郎だっていつか兄やたちを置いていかねばならない。でも今から不安にとらわれず、その限られた生を大切に生きたいね。2012/10/07

小梅

144
最後の「はるがいくよ」で泣いてしまった。残される方が寂しくて辛いんだよね…2015/01/15

ゴンゾウ

126
安定の面白さ。今回も長崎屋の若旦那の周りではいろいろな騒動が勃発する。 火事に巻き込まれてついに若旦那が三途の川の淵まで行ってしまったり。兄松之助の縁談では美人の姉妹に挟まれひやひや、若き日のおっかさんの恋ばな。最後の小紅との出会いと別れは儚くてせつなくてどうしようもなかった。2016/05/30

夜の女王

124
☆☆☆ 5編の短編集。『鬼と小鬼』いつも死にかけてる若旦那。今度はマジで三途の川のほとりまで来てしまう。賽の河原で石を積む子供たちを助け、船賃のない亡霊にお金を譲りと相変わらずお人よし、もとい優しい。きっと極楽へ行けるでしょうが、その前に長生きしよう!河原で出会った冬吉、また出てこないかな。『ちんぷんかん』寛朝坊主のお弟子秋英初の妖かし退治。『男ぶり』おたえと藤兵衛のなれそめ。若旦那の頭脳はおたえ似だった。『今昔』またも松之助に縁談。今回は彼もその気がありそうだが・・・。『はるがいくよ』諸行無常。切ない。2013/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580480

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。