新潮文庫<br> ねこのばば

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

新潮文庫
ねこのばば

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2021年10月25日 14時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 321p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101461236
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

お江戸長崎屋の離れでは、若だんな一太郎が昼ごはん。寝込んでばかりのぼっちゃんが、えっ、今日はお代わり食べるって?すべてが絶好調の長崎屋に来たのは福の神か、それとも…(「茶巾たまご」)、世の中には取り返せないものがある(「ねこのばば」)、コワモテ佐助の真実の心(「産土」)ほか全五篇。若だんなと妖怪たちの不思議な人情推理帖。シリーズ第三弾。

著者等紹介

畠中恵[ハタケナカメグミ]
1959(昭和34)年、高知県生れ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学卒。漫画家アシスタント、書店員を経て漫画家デビュー。その後、都筑道夫の小説講座に通って作家を目指し、『しゃばけ』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

再び読書

187
佐助の過去が明かされる「産土」が印象深かった。前作では仁吉の過去が、今回は佐助の過去がとシリーズものの、ふくらみを増すエピソードが楽しくも、今回は少し怖かった。「たまやたまや」も一太郎の幼馴染の春ちゃんが嫁入りするエピソードで面白かったですね。ゆっくり慌てず、シリーズを読み進めていきます。2015/04/10

小梅

155
切ないお話しが多かったです。産土…佐助きキュン。 花かんざし…お雛ちゃんの素顔はきっと美しいんだと思う。2014/02/19

takaC

155
犬神昔話は楽しかった。まんまと騙されたから?2008/06/16

ヒロ@いつも心に太陽を!

150
単行本で既読済みにも関わらず話をすっかり忘れ『産土』で「え!若だんなぁ!」とまんまとひっかかる私(u∀u;)佐助が一太郎に薬を飲むようにお願いしたときの台詞にはきゅんとした〜あんな話聞いた後なら佐助を心配させまいと一太郎だって素直に飲んでしまうよね!『たまやたまや』は仲の良い幼馴染みが結婚するときの恋とは違うのだけれど寂しいやらもどかしいやらの複雑な気持ちがすごくよくわかって私もせつなかった。お春ちゃんはきっとまだ一太郎のことが好きだと思う。でも現実を受け入れて前へ進むところが女の強さかな。2012/09/17

まりもん

122
佐助の話はやっぱり好きだな。 お春ちゃんも切なかったけど幸せになって欲しい。2011/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580477

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。