新潮文庫
風のかなたのひみつ島

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101448275
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0126

内容説明

猫だらけの網地島で海峡命名者のベーリングさんと握手、十数年ぶりの粟島では二代目女将と思い出にふける。池間島ではカツオ船に乗り、教科書で「ヤドカリ探検隊」を読んだ加唐島の子供たちと感激のご対面。ほどよいビーチを見つけては浮球野球に興じ、豪勢な海の幸をほおばる…申し訳ないほど気分がいい島旅に、さあ出掛けましょう。勿論、南方写真師“タルケン”さんが一緒です。

目次

すまぬすまぬと贅沢島―答志島
どわめきの猫島―網地島
クジラ島の夏―粟島
熱闘、カツオ雲―池間島
玄界灘のヨロコビ島―加唐島
モノラックの走る島―怒和島
風まかせ突如島―奄美大島・加計呂麻島

著者等紹介

椎名誠[シイナマコト]
1944(昭和19)年、東京生れ。東京写真大学中退。流通業界誌の編集長を経て、作家、「本の雑誌」編集長。著書に『アド・バード』(日本SF大賞)『犬の系譜』(吉川英治文学新人賞)など

垂見健吾[タルミケンゴ]
1948(昭和23)年、長野県生れ。沖縄在住。文芸春秋写真部を経て、フリー。復帰直後からたびたび沖縄を訪れ、’87年から南西航空(現・日本トランスオーシャン航空)の機内誌『コーラルウェイ』の写真を担当
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。