新潮文庫<br> 古城の風景〈1〉菅沼の城・奥平の城・松平の城

電子版価格 ¥671
  • 電書あり

新潮文庫
古城の風景〈1〉菅沼の城・奥平の城・松平の城

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 386p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101444376
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0195

内容説明

戦国期の古城を巡る作家の眼は、そこに将兵たちの哀歓を見る。大軍相手でも容易に落ちぬ墨守の名将として驍名を馳せた菅沼氏。今川‐武田‐徳川と臣従し、その勇猛を賞賛された奥平氏。篭城せずに常に城外で決戦した剽悍無類の松平氏。三氏ゆかりの城々を経巡り、高潔達意の名文で、その豊穣な思念と鋭敏な歴史観を縦横に記した白眉の城塞紀行。単行本1、2巻を合本して文庫化。

目次

野田館
野田城
月谷城
宇利城
新城城
田峯城
亀山城
上郷城
牛久保城
伊奈城
今橋城
長篠城
五井城
長沢城
形原城
深溝城
東条城
大給城
岩津城
上野城
安祥城
桜井城
能見城

著者等紹介

宮城谷昌光[ミヤギタニマサミツ]
1945(昭和20)年、愛知県生れ。早稲田大学第一文学部英文科卒。出版社勤務等を経て’91(平成3)年、『天空の舟』で新田次郎文学賞を、『夏姫春秋』で直木賞を受賞。’93年、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞受賞。2000年、司馬遼太郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふぃすか

13
三河の城址めぐり。「城址」なので必ず城が建っているわけではない。写真ではなく版画が入ってるのが何かいい。出不精の権化なので、当然ながらひとつも行ったことはなく、これから行くこともないでしょうけど、気分だけでも行ったつもりに。II以降はいつ出るのかなー。2008/05/20

shou

3
古城や城址を巡る紀行。『山河より』と『新三河物語』を読了済み前提。中世はずいぶんと城が多かったんだな。2015/04/11

左近

1
野田菅沼氏についての小説を書くに当たり、関係する史跡(主に愛知県東南部の城跡)を巡った際の紀行文。各章に版画を付けているのがユニーク。中国のイメージが強い作家だけど(熟語の使用頻度が高いように感じたのは、そのせい?)、日本のことも書いていたんですね。背表紙に“白眉の城塞紀行”と紹介されていたので、期待に胸膨らませていたのだが、城そのものについての記述が意外に少なく、残念だった。とは言え、関係する人物についての説明は、なかなかに詳しくて良かった。自分も平野明夫『三河松平一族』を読んで勉強せねば…2015/06/01

KAZY

1
風は山河よりと新三河物語を読んだので、その取材記も読んでみたくなった。2014/07/16

caramelscratch

1
人は天意とか天命を意識し、天の力を感じようとするが、地の力を忘れている。地力もあなどれない。その地に居ること、その地を踏むことによって、力を得る、というふしぎさもあるのである。(p313)2014/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/399050

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。