新潮文庫<br> 腰痛放浪記 椅子がこわい

個数:
電子版価格 ¥506
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
腰痛放浪記 椅子がこわい

  • 夏樹 静子【著】
  • 価格 ¥506(本体¥460)
  • 新潮社(2003/08発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 8pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 文庫判/ページ数 246p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101443102
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

「夏樹静子のお葬式を出しましょう」―苦しみ抜き、疲れ果て、不治の恐怖に脅かされた闘病の果てに、医者はこう言った。時には死までを思い浮かべた鋭い腰の疼痛は、実は抑制された内なる魂の叫びだった。そして著者もいまだに信じられないという、劇的な結末が訪れる。3年間の地獄の責め苦は、指一本触れられずに完治した。感動の腰痛闘病記。

目次

第1章 見あげる風景
第2章 筋肉の預金残高
第3章 世に腰痛者と名医は多い
第4章 霊
第5章 心身症
第6章 入眠剤四百錠
第7章 海の見える寝室
第8章 螺旋階段
第9章 〓啄(そつたく)同時

著者等紹介

夏樹静子[ナツキシズコ]
東京生れ。慶応義塾大学英文科卒。在学中からNHKの推理番組の脚本を手掛ける。結婚で一時中断するが、’69年江戸川乱歩賞に『天使が消えていく』で応募、執筆を再開する。繊細な心理描写を用い、社会性に富む題材を扱う。’73年、『蒸発』で日本推理作家協会賞、’89年に仏訳『第三の女』でロマン・アバンチュール大賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件