新潮文庫<br> やさしい男―慶次郎縁側日記

電子版価格 ¥594
  • 電書あり

新潮文庫
やさしい男―慶次郎縁側日記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 298p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101414218
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

無慈悲な理由で仕事を失くし、女房子供を泣かす食い逃げ者に身を落とす。腹の虫も治まらぬうちに、鳴くのは同じ腹の虫とは洒落にもならない。生き馬の目を抜く江戸の暮らしは、負けるものには容赦ないが、町にあふれる食い詰め人も裏の事情は十人十色。ご存じ「仏」の慶次郎の目に映るのは、罪を背負ってなお憎みきれない人間ばかり。庶民の現実を円熟の筆で描く大人気シリーズ第七弾。

著者等紹介

北原亞以子[キタハラアイコ]
東京生れ。石油会社、写真スタジオに勤務後、コピーライターとして広告制作会社に入社。その間に、創作活動を開始し、1969(昭和44)年「ママは知らなかったのよ」で新潮新人賞、同年「粉雪舞う」で小説現代新人賞佳作を受賞。’89(平成元)年『深川澪通り木戸番小屋』で泉鏡花文学賞、’93年『恋忘れ草』で直木賞、’97年『江戸風狂伝』で女流文学賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Kira

4
第七集。読むのは二回目。大根河岸の吉次を中心とした二篇を含む八篇。「やさしい男」とは、吉次のことだった。身投げしようとした町娘に関わってしまった吉次は、面倒なことに巻き込まれる。何度も死にたがる娘をどうしても放っておけない吉次も、焼きが回ったか。いや、吉次は確かにやさしい男なのかもしれない。個人的にどうしても好きになれなかった吉次の良さに、少しだけ気づいた。シリーズの脇役として人気があるというのも腑に落ちた。 2017/11/03

4fdo4

3
渋い やさしい男とは吉次のことなのだが とても渋くて良い もうちょっと慶次郎の出番があってもいいかと思う2009/10/28

kazukitti

2
クソヤロウとクサレアマのしょっぱいシンドイ生活にだって一瞬の温かいスポットが当たることだってある、そんな瞬間をオチにしつつな安定のシリーズ。解説とかで吉次が好きだとか、北原さん本人が好きなキャラだっつってるんだけども、フツーにダニみたいな男だよね。ヤクザがミカジメ吸い上げるように、フツーにヤクザからもシノギをカスるし、町屋からもミカジメ取るし、おまけに各層の被害者もデフォルトで強請るし、全然クソヤロウw たまたま気まぐれで案件失敗したってだけで、可愛くもやさしくもないじゃんて。ハテナ?だよ。2020/03/26

水戸

2
表題作の「やさしい男」は、なんとも言えぬ、やわらかなもどかしさに打ちのめされる、暖かくも悔しい気持ちになる作品でした。その次の「除夜の鐘」の、メインふたりの思惑の対比と思い込みの恐ろしさ、恋しい女と愛しい女房にひとり心を震わせる男のささやかな覚悟の情愛が、身近な心情の吐露の折り重なりに感じられて、ラストの晃之助のセリフに、受け止めたもどかしさを代わりに吐き出してもらえた気分になりました。2016/08/17

あここ

2
やさしい男っちゃ誰のこと??吉次さんだぁ。強請るだけちゃうんやねo^^oそんな自分にびっくりしてる吉次さんがかわいかった。不器用なのんかもしれんなぁ。。。って最近思う。『断崖絶壁』は嫌やった。そんだけ旦那さん追い込むんやったら別れたらえぇのに。あんなイヤミばっかり言う奥さんにはならんとこう。。。子供までバカにさせたらあかんわ。 おぶんちゃん、赤ちゃん産むんかなぁ。。辰吉さんと幸せになればいいんやけど。。それを拒んでる気がするね。お父さんと自分は別やのに。 慶次郎さんが晃ちゃんに怒られてる様子が知りたい(笑2010/10/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/514861

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。