新潮文庫
真相はこれだ!―「昭和」8大事件を撃つ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 294p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101411217
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C0121

内容説明

「本当のことを話しておきたい、せめて死ぬ前に」時間の壁に阻まれた取材の中で辿り付いた人物が、その重い口を初めて開く―。三億円事件、美智子皇后失声症、和田心臓移植…、「昭和」に置き去りにされていた怪事件の闇が、今ようやく明らかに。息を呑む戦慄の新証言、埋もれていた新資料、そして炙り出される新事実。日本人が翻弄された「時代」の核心を穿つ、ハードノンフィクション。

目次

1 美智子皇后「失声症」の真相
2 府中「3億円事件」で誤認逮捕された男の悲劇
3 丸山ワクチンはなぜ「認可」されなかったのか
4 美空ひばりが「紅白」から消えた日
5 発案者不明?!「成田空港」最大のミステリー
6 疑惑の「和田心臓移植」33年後の新証言
7 潜水艦「なだしお」東京湾衝突事件で隠されていた「無謀運転」
8 世紀の対決「猪木・アリ戦」の裏ルール

著者等紹介

祝康成[イワイヤスナリ]
1960(昭和35)年、鹿児島県生れ。週刊誌記者を経て、フリーに。事件ノンフィクションを中心に活躍。永瀬隼介名義で小説も執筆
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。