新潮文庫<br> おそめ―伝説の銀座マダム

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
おそめ―伝説の銀座マダム

  • 石井 妙子【著】
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 新潮社(2009/04発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月05日 02時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 476p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101372518
  • NDC分類 289
  • Cコード C0123

内容説明

かつて銀座に川端康成、白洲次郎、小津安二郎らが集まる伝説のバーがあった。その名は「おそめ」。マダムは元祇園芸妓。小説のモデルとなり、並はずれた美貌と天真爛漫な人柄で、またたく間に頂点へと駆け上るが―。私生活ではひとりの男を愛し続けた一途な女。ライバルとの葛藤など、さまざまな困難に巻き込まれながらも美しく生きた半生を描く。隠れた昭和史としても読める一冊。

目次

序章 出会い
第1章 高瀬川のほとり
第2章 祇園芸妓おそめの誕生
第3章 木屋町「おそめ」の灯
第4章 「おそめ」の銀座進出
第5章 凋落の始まり
第6章 俊藤浩滋の妻として
終章 流れの人よ

著者等紹介

石井妙子[イシイタエコ]
1969(昭和44)年、神奈川県茅ヶ崎市生れ。白百合女子大学卒。同大学院修士課程修了。’97(平成9)年より、毎日新聞囲碁欄を担当。囲碁の記事を書く傍ら、約5年の歳月を費やして『おそめ』を執筆。綿密な取材に基づき、一世を風靡した銀座マダムの生涯を浮き彫りにした同書は高い評価を受け、新潮ドキュメント賞、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞の最終候補作となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。