新潮文庫<br> 死刑のための殺人―土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録

個数:
電子版価格 ¥658
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
死刑のための殺人―土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月27日 07時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 333p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101348346
  • NDC分類 326.41
  • Cコード C0195

内容説明

確実に死ぬには死刑が一番だ。できるだけ多くの人を殺そう―。2008年茨城県土浦市で9人を殺傷した金川真大。「完全勝利」と言い残し13年絞首刑に。享年29。「殺人は悪じゃない」と嘯き、ひたすら死刑を求めた男。死は彼の望み通りと分かっていても尚、極刑を願う遺族の苦悩。面会を重ね、葛藤する記者たち。何が彼を凶悪犯罪に走らせたか。死刑制度の意味を問う驚愕のドキュメント。

目次

第1章 執行
第2章 面会
第3章 事件
第4章 対峙
第5章 「砂漠の家族」
第6章 死刑
終章 事件が遺したもの

出版社内容情報

自死の手段としての死刑を望み、9人を殺傷する凶悪事件を起こした金川真大。彼は化け物か。死刑制度の根本的意味を問う驚愕の書。確実に死ぬには死刑が一番だ。できるだけ多くの人を殺そう――。2008年茨城県土浦市で9人を殺傷した金川真大。「完全勝利」と言い残し13年絞首刑に。享年29。「殺人は悪じゃない」と嘯き、ひたすら死刑を求めた男。死は彼の望み通りと分かっていても尚、極刑を求める遺族の苦悩。面会を重ねる記者の葛藤。無関心に覆われた金川の家族……。何が彼を凶悪犯罪に走らせたか。死刑制度の意味を問う驚愕のドキュメント。

読売新聞水戸支局取材班[ヨミウリシンブンミトシキョクシュザイハン]