• ポイントキャンペーン

新潮文庫
被爆者が語り始めるまで―ヒロシマ・ナガサキの絆

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 372p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101347929
  • NDC分類 369.37

内容説明

長崎の爆心地から630メートルの所にいた原圭三。彼は長い沈黙を経て原爆で亡くなった同僚の名簿作りに取り組んだ。それは、ただ名前の収集だけではなく、それぞれの死亡状況やその人の人生を確認する作業でもあった。広島の宮川裕行は校長だった父の教え子676人を含む、亡くなった全ての人々に対する償いとして沈黙を破った。二人の被爆者が鎮魂の旅に出る。

目次

ナガサキの絆―人間の論理(突然の訪問;「あの日」のこと“八月九日”;四十九歳の決意;六千人の名簿;旅へ;人間の論理)
ヒロシマの絆―父から子へ(人生の林にわけ入りし;父の夢;ゆりかごを動かす手;「あの日」のこと“八月六日”;戦後を生きる;『原爆体験記』と綜合原爆展;小説家の夢と挫折;沈黙;語り継ぐ被爆体験;海峡を越えて;形見の書き初め;被爆者と被曝者の絆)

著者紹介

中村尚樹[ナカムラヒサキ]
1960(昭和35)年、鳥取市生まれ。九州大学法学部卒業。NHKに記者として入局し、岡山放送局ニュースデスクを最後に独立。現在はフリーランスのジャーナリストとして、世界のヒバクシャと核問題、現代医療の光と影、スペイン現代史など、多様なテーマで取材を続けている。他に九州大学大学院の非常勤講師などを経て、法政大学で「平和学」を、大妻女子大学短期大学部で「世界の中の日本」「日本語(読解)」を非常勤で担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)