新潮文庫
被爆者が語り始めるまで―ヒロシマ・ナガサキの絆

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 372p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101347929
  • NDC分類 369.37
  • Cコード C0121

内容説明

長崎の爆心地から630メートルの所にいた原圭三。彼は長い沈黙を経て原爆で亡くなった同僚の名簿作りに取り組んだ。それは、ただ名前の収集だけではなく、それぞれの死亡状況やその人の人生を確認する作業でもあった。広島の宮川裕行は校長だった父の教え子676人を含む、亡くなった全ての人々に対する償いとして沈黙を破った。二人の被爆者が鎮魂の旅に出る。

目次

ナガサキの絆―人間の論理(突然の訪問;「あの日」のこと“八月九日”;四十九歳の決意;六千人の名簿;旅へ;人間の論理)
ヒロシマの絆―父から子へ(人生の林にわけ入りし;父の夢;ゆりかごを動かす手;「あの日」のこと“八月六日”;戦後を生きる;『原爆体験記』と綜合原爆展;小説家の夢と挫折;沈黙;語り継ぐ被爆体験;海峡を越えて;形見の書き初め;被爆者と被曝者の絆)

著者等紹介

中村尚樹[ナカムラヒサキ]
1960(昭和35)年、鳥取市生まれ。九州大学法学部卒業。NHKに記者として入局し、岡山放送局ニュースデスクを最後に独立。現在はフリーランスのジャーナリストとして、世界のヒバクシャと核問題、現代医療の光と影、スペイン現代史など、多様なテーマで取材を続けている。他に九州大学大学院の非常勤講師などを経て、法政大学で「平和学」を、大妻女子大学短期大学部で「世界の中の日本」「日本語(読解)」を非常勤で担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

チェブラリー

5
2人の被爆者の戦後に、何かしらの強い思いを 感じ取りました。2011/08/08

まかあい

4
心を揺さぶられた!「含笑入地」世の中の歪みや身に降りかかった理不尽に対し、こうして闘える人に私もなりたい。2016/04/30

swimshino

4
原爆にあって助かったら嬉しくてたまらないはずなのにその生きていたことを責められたり、被曝するということは本当に一人一人の人生を残酷に奪っていくのだなと思いました。今ここに元気で自分が生きていること、健康な体で生まれてきたことに感謝したい。2012/01/04

りょうはるまみ

3
三菱重工の原さん、広島市女高校関係者のの宮川さん、生き残った方からの、他の人には聞こえない、悲痛な叫び声が綴ってあり、読んで良かった。人間は、過去を知り、悔いて、繰り返さないことで、賢くなりたいものだと思う。誰の責任かを問うのではなく、やれることをやるしかないのか。。果たして自分はそれすらできているのかと考えてしまう2016/04/26

tecchan

3
ヒロシマ・ナガサキには犠牲者の数だけ原爆にまつわる悲しい物語がある。残された者にも同じように。勤め先の犠牲者名簿の作成と無縁仏の調査を生涯の使命と受け止めた被爆者、教え子の多くを喪った教師の苦悩。そして、今。戦争であれ原発事故であれ、人々の可能性と未来を断ち切ろうとする不当な力を許すことは出来ない。2016/01/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4025296

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。