新潮文庫<br> 雨はコーラがのめない

個数:

新潮文庫
雨はコーラがのめない

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月27日 14時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 165p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101339245
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

はじめて雨に会った日のことは、忘れられない。凍えそうに寒い、十二月の、雨の日だった。濃い栗色の巻き毛をした雨は、オスのアメリカン・コッカスパニエル。私たちは、よく一緒に音楽を聴いて、二人だけのみちたりた時間を過ごす。もちろん、散歩にも行くし、玩具で遊んだりもするけど。甘えたがりの愛犬との特別な日常や、過去の記憶を呼び覚ます音楽について、冴え冴えと綴った好エッセイ集。

著者等紹介

江國香織[エクニカオリ]
1964(昭和39)年東京生れ。短大国文科卒業後、アメリカに一年留学。’87年「草之丞の話」で「小さな童話」大賞、’89(平成元)年「409ラドクリフ」でフェミナ賞、’92年『こうばしい日々』で坪田譲治文学賞、『きらきらひかる』で紫式部文学賞、’99年『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞、2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞、’04年『号泣する準備はできていた』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

❁かな❁

145
江國香織さんの作品を読むのは13作目。読メに登録するかなり前に読んだので感想はUPしてません^^;密かに未読の江國さん作品を挟んでいってます(笑)こちらは江國さんの愛犬の「雨」と音楽についてのエッセイ集*雨と江國さんの関係がとても良く、思い出の曲がたくさん語られています!YouTubeで検索して聴きながら読ませてもらいました!知ってる曲もあり、今、聴いても色褪せない名曲で懐かしく読書と音楽を楽しむことができ幸せなひとときでした♡シンプリーレッドやスウィングアウトシスターなど懐かしい〜♪とっても素敵な作品★2015/07/04

のぶ

82
愛犬と音楽と日常生活を絡めたエッセイ集だが、まず、この融合しそうもない3つを絡めて、一冊のエッセイ集を出してしまう江國さんの発想が偉いと思った。愛犬の名前が「雨」と言うだけで妙に落ち着いた雰囲気にさせてくれる本だった。出てくる音楽に関しては、洋楽のポピュラーが中心で、自分は若いときに聞いていた、知っている曲に関しては懐かしく思ったが、それ以外には関心がいかなかったのは残念。いずれにせよ、江國さんの愛犬への愛情と、何気ない日常をうまく綴った好エッセイ集だった。2017/10/12

テディ

81
雨は江國さんが飼っているペットの犬である。雨との出会い、雨との日々の触れあいについて音楽を通じて紹介しているエッセイ集である。雨がお気に入りの音楽、雨との出会いと様々なエピソードが綴られている。この作品を読んで気が付いたが、思い出の曲を聴くことでその時しか感じられなかった情景や場面が鮮やかに蘇る時がある。日々の生活の中での心地よい雰囲気やムード、リズムを生み出す音楽。そんな不思議な生き物の音楽と家族であるペットを共存させて描かれた作品であるからこそ各情景が目に浮かびリリカルな響きが耳に伝わってきた。2015/08/04

優希

81
江國さんの愛犬・雨と音楽についてのエッセイ集でした。「雨」は雨のことではないのに、雨の日のように思えてしまいます。雨と江國さんの関係がとても素敵で、そこに流れる音楽が心地よいものに感じられます。特別な日常や過去の記憶にある音楽。雨と音楽の自然体な雰囲気。音楽がある生活の中で雨と江國さんが寄り添っているのが凄く素敵です。言葉はなくてもゆったりとした時間の満ち足りた空気に心が豊かになりました。2015/07/14

kinkin

59
江國香織さんの本には音楽がよく出てくる。その音楽の好みが私とよく似ているのでどの曲もほとんど知っている。彼女と雨と音楽の関係は音符に例えれば3連符というのかな。雨という名の犬は彼女の脇で静かに音楽に耳を傾けている様子がよくわかる。jazzの名曲「You and The Night and The Music」という曲がある。あなたと夜と音楽と。彼女の場合、彼女の場合は「あなたと雨と音楽と」になるのかな。 彼女のウェットな文体がとても好きだなー。2014/11/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578318

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。