新潮文庫<br> 731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く

個数:
電子版価格 ¥810
  • 電書あり

新潮文庫
731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年09月16日 04時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 534p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101337517
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0195

内容説明

731部隊の闇は戦後も続いていた。太平洋戦争中に生体解剖やペスト菌による非人道的な実験を行った細菌戦部隊。残虐な行為に手を染めながら、なぜ彼らは戦犯とならずに済んだのか。そこには隊長・石井四郎とGHQの驚くべき駆け引きがあった。戦後50余年を経て発見された石井の直筆ノート2冊から隠された真実を読み解く。国内外の圧倒的な取材から浮上した新しい戦後史。

目次

プロローグ 深い闇
第1部 加茂から満州へ(加茂;東郷部隊;平房の少年隊;ハルビンへの旅)
第2部 終戦そしてGHQ(「1945終戰当時メモ」;占領軍の進駐とサンダース中佐;トンプソン中佐の石井尋問;「ハットリ・ハウス」の検察官たち)
第3部 石井四郎ノートの解読(「終戰メモ1946」;鎌倉会議;若松町)
エピローグ 軍医たちのその後

著者等紹介

青木冨貴子[アオキフキコ]
1948(昭和23)年東京生れ。出版社勤務を経てフリーランス・ジャーナリストとなる。’84年渡米し、「ニューズウィーク日本版」ニューヨーク支局長を3年間務める。’87年作家のピート・ハミル氏と結婚(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件