新潮文庫
あっぱれ技術大国ドイツ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101322339
  • NDC分類 502.34
  • Cコード C0126

内容説明

凝り性で働き者。そんな国民性を背景に、優秀な工業製品を生み出してきたドイツ。でもその底力は意外に知られていない。ポルシェやディーゼル、ツェッペリンなど歴史に残る発明家が数々輩出し、現在では、ニッチな市場に特化することで、世界的なシェアを占める無名の中規模企業が活躍する。在独20年の著者が探る、日本に似ているようでやっぱり違う、ドイツ流ものづくりの秘密。

目次

第1章 世界を制覇したドイツ技術者魂―ベーヴェ・システック社
第2章 ドイツ経済を支える中規模企業
第3章 テュフトラーの国・ドイツ
第4章 歴史に名を残すテュフトラーたち
第5章 きっちりドイツ人の根源は?
第6章 社会保障もきっちり行うドイツ
第7章 「信頼の資本」とミッテルシュタント

著者等紹介

熊谷徹[クマガイトオル]
1959(昭和34)年東京生れ。早稲田大学政経学部卒業後、NHKに入局。神戸放送局、報道局国際部、ワシントン特派員を経て、’90(平成2)年からフリージャーナリストとしてドイツ在住。欧州の安全保障問題、EUの政治・経済統合、対テロ戦争、ドイツ経済などについて、取材、執筆を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みっちー

9
著者自身がドイツを大好きだと言うことや、ドイツの技術力の凄さは、これでもかと提示される成功例で、理解できたけど。。。細かいとこがなんとなく主観的だったり、良いとこ取りの説明多し、他国と比較に使われる数値が曖昧で、いまいち感が否めなかったf^_^;20年以上住んでる感も、伝わり方が弱い感じがしました。。。2016/12/27

tsubomi

7
2018.03.11-03.31:おもにドイツの中小企業の紹介と技術者列伝という内容。メッサーシュミットの技術者が戦後に自動封入封緘機を作った件、ドイツで法人登録している企業の99.7%が中規模企業である件、テュフトラー(細部にこだわり手作業で作る人)が多い件など興味深いです。後半のシュヴァーベン地方のシュトゥットガルトの中央商工業局(CSHG)やその責任者のフェルディナンド・シュタインバイス、伯爵なのに工業高校に行ったツェッペリン、職人の息子のダイムラー、ポルシェなど企業と技術の面白いエピソードが満載。2018/03/31

rokubrain

4
浮かび上がってきたキーワードは、 ・テュフトラー ・シュバーベン人 ・ミッテルシュタント ・プロテスタンティズム など。 そういえば、16世紀の宗教改革のルターはドイツだったことを思い出した。 (年季が入っているんだなあ) よく日本人の気質と似ているといわれるけど、 外圧に影響されやすい日本との差が見えてきた。2016/07/09

Ted

2
'11年1月刊。△2019/08/17

バカ殿。

1
どうして日本人は、身を粉にして働いても豊かな生活が送れないのか、差別化技術でニッチを攻めるドイツスタイルには、見習うとこ多いな。2016/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1967533

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。