• ポイントキャンペーン

新潮文庫
「指紋の神様」の事件簿

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101299716
  • NDC分類 317.76

内容説明

「同じものは二つない」「一生変らない」指紋は、我々の指先に平等に与えられた、最も確実な本人証明である。生体認証やDNA鑑定が普及しても、百年間蓄積された経験とデータには適わない。三十年この道一筋、自供に頼る捜査が主流の時代に、三億円事件、よど号ハイジャック、オウムなどに携わり、“動かぬ証拠”を武器に事件を解決に導いた鑑識官が語る、指紋の真実。

目次

第1章 指紋とは何か(刑事から指紋捜査官へ;白衣姿だけの不思議な光景 ほか)
第2章 指紋が語りかけるもの(転機―Kホテル事件;不可思議な死体 ほか)
第3章 検出と鑑定をしてみる(指紋係の七つ道具;指紋検出法 ほか)
第4章 指紋がもつ無限の可能性(指紋照合の決め手―特徴点;指紋照合をしてみよう―入門編 ほか)

著者紹介

塚本宇兵[ツカモトウヘイ]
1936(昭和11)年茨城県生れ。’55年に警視庁巡査となり、刑事課を経て’67年に鑑識課指紋係に。以来指紋一筋30年、有楽町3億円事件、よど号ハイジャック事件、一連のオウム事件など手がけた大事件は数知れない。’95(平成7)年にその功績を認められて、警察庁指定の広域技能指導官に認定され、“指紋の神様”と呼ばれるようになる。2001年警視庁鑑識研究所長を辞し、現在、株式会社日本シークレット・サービス主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)