新潮文庫<br> 沼地のある森を抜けて

個数:
電子版価格
¥825
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
沼地のある森を抜けて

  • 梨木 香歩【著】
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 新潮社(2008/12発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/20~8/25)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月22日 04時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 523p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101253398
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報



梨木 香歩[ナシキ カホ]
著・文・その他

内容説明

はじまりは、「ぬかどこ」だった。先祖伝来のぬか床が、うめくのだ―「ぬかどこ」に由来する奇妙な出来事に導かれ、久美は故郷の島、森の沼地へと進み入る。そこで何が起きたのか。濃厚な緑の気息。厚い苔に覆われ寄生植物が繁茂する生命みなぎる森。久美が感じた命の秘密とは。光のように生まれ来る、すべての命に仕込まれた可能性への夢。連綿と続く命の繋がりを伝える長編小説。

著者等紹介

梨木香歩[ナシキカホ]
1959(昭和34)年生れ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

190
太古に最初に生れた原生命から、菌類を経て現在にまで続いていく壮大なスケールの物語。それでいて、「あはれ」な感覚もひしひしと伝わってくる。文体上は4種類の「語り」を複合させた実験的な試みがなされていて、これも効果的に機能している。まだ『家守奇譚』や『りかさん』などが未読なのだが、これまでに読んだ梨木作品の中では最高傑作か。2012/04/26

ちなぽむ and ぽむの助 @ 休止中

152
霧につつまれた森は清純な空気、それを吸い込もうと深く息をすると、どうじにみずをのんでいる気がする。沼からうまれたわたしたち、生き残るために派生。あのしずかな森にかえりたい、どこよりも生きものの気配が密なあの森、それは祖先の記憶。わたしのからだに根づいている。自分の意思がないことがかなしいの?生き残る以上にだいじな意思?移り変わる世界を悲しむ前に適応せよ!本能がさけぶけど、うしなわれた森をかなしむ心をゆるしてほしいと。郷愁に胸つかれて、わたしたちは旅をつづける。2020/04/20

nico🐬波待ち中

125
代々伝わる"ぬか床"を受け継ぎ毎日ひたすら"ぬか"を掻き回す久美の物語。まさか"ぬか床"の話から壮大な生物誕生の神秘へ発展するとは思わなかった。確かに"ぬか床"は生きている、とよく聞く。温度や湿度、掻き回す人によって全く味が異なるらしい。だから同じ"ぬか床"は二つとない。掻き回す人の手を通して一族の歴史も染み込み醸成されていくのだろう。世界はたった一つの細胞から始まり無数の生物の系統へと拡がり、やがて次の新しい命へと希望が解き放たれる。「生」の神秘と受け継がれる「命」について、静かに思いを寄せ本を閉じた。2019/05/05

KAZOO

123
「先祖伝来のぬか床」から始まって様々な不可思議なことが起きてどこに連れて行ってくれるのかと思いきや、ジブリの映画のような感じもして壮大な物語となっていました。私的にはこのような物語は嫌いではなく引き込まれるように読んでしまいました。梨木さんの物語の中ではかなり高い評価です。短編連作のような感じもしますが、命を主題とした長編なのでしょうね。2015/07/18

風眠

120
(再読)私はどこから生まれてきたのだろう。生物学的には母親から、ということは間違いないのだけれど、この物語の登場人物たちのように、ある日ぽっと「ぬかどこ」から生まれてきた存在だったりして・・・てことを、ぐーるぐーる考えてしまうような読後。細胞とか、有機生命体とか、菌とか、そういう小さなものから長い長い時間を経て「私」という命を形作ってきた進化と繋がり。遺伝子に組み込まれた「生きのびる」という夢。生まれてはまた姿形を変え、また生まれてくるという、意識や個を超えた生命の壮大さに目眩にも似た余韻を感じている。2015/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580951
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。