新潮文庫<br> 消されかけたファイル―昭和・平成裏面史の光芒〈Part2〉

電子版価格 ¥957
  • 電書あり

新潮文庫
消されかけたファイル―昭和・平成裏面史の光芒〈Part2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 553p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101219332
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C0195

内容説明

今も謀殺説が囁かれる、故中川一郎代議士が怯えていたソ連共産党協力者リストの中身とは。金大中拉致事件の主役にさせられた元自衛隊諜報部員をめぐる巧妙な罠とは。国松警察庁長官狙撃事件の犯人を捕えられぬ、捜査幹部の苦悩とは何か―封じ込められたファイルだけが、それらの真実を記録していた!極秘資料を駆使して重大事件の暗部に迫る大好評の裏面史ドラマ集、第2弾。

目次

国松長官狙撃事件、呪われた悲劇
金大中拉致事件の陰の主役・元自衛隊諜報部員
中川一郎怪死、もう一つの真実
グリコ・森永事件、刑事の追跡16年
函館ハイジャック犯を急襲した対テロ特殊部隊
幼児誘拐「吉展ちゃん事件」の眠れる秘話
小渕首相の生死と「国家の決断」
日本赤軍ハンター、その壮絶なる戦いの全貌
史上最大の医療オペレーション作戦名“デイゴ”

著者等紹介

麻生幾[アソウイク]
1960(昭和35)年、大阪府生れ。作家。内外の事件をテーマにした、深層をえぐるノンフィクションを数多く発表。最近は、ノンフィクション・ノベルの分野でも意欲的に作品を発表している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

128
麻生さんの裏面史の2冊目の本です。やはり結構表には出ていない部分があるのですね。最初の国松長官の事件など読んでいると、本当に警察庁内部の暗闘というものがあるのですね。警察小説の中だけの話と思っていたのですが。また政治家が絡む事件も今まであまり知らないことばかりです。どうしてマスコミは発表しないのですかね。政府からの圧力なのでしょうか?2016/12/04

James Hayashi

25
「封印されていた文書」パート2。國松長官狙撃事件は北朝鮮絡みの犯行の可能性もあるというが、詳しい事実関係は書かれていない。函館ハイジャクでの道警、警視庁特殊部隊は見事である。それまでのテロ対策が生きていなければ、長期化と犠牲者が出た事は否定できない。その他、グリコ森永事件、吉展ちゃん事件など 2020/08/14

kinupon

12
金大中事件や中川一郎の自殺事件・・・その他一般人にはわからない裏の社会からみた事件を追っています。本当はもっといろいろなことが起こっているんだろうな。2011/11/05

unpyou

4
昭和・平成の迷宮入り事件、誰もが知っている歴史的瞬間の裏面を描く「封印された文書」の続編。重信房子逮捕に賭ける府警公安の捜査、小渕恵三急死に直面した医療現場と政権交代の局面など面白かったが、最も印象深かったのは中川一郎自殺をめぐるソ連情報筋の暗躍の章で、スパイ戦の非情な現場もさることながら担ぎこまれた縊死状態の中川一郎の描写があまりに・・。自殺を考えてる人には一度読ませると思い止まるかも、と思わせる凄絶さだった。2011/08/24

ゲンゲン

3
興味のあった事件を順番に読んでいった。日本赤軍の重信房子の章は興味深く読んだ。彼女が逮捕されたとき確かに結構な騒ぎになったのをかすかに記憶している。赤軍関連の本はいくつか読んだけど、彼女に特化したものや国際テロ組織になる前段階の学生運動から発展していったテロ活動に関する本ばがりだったのである意味新鮮だった。国際テロリストとしての活動がどうだったのかもっと知りたくなった。もちろんそれを賛同するつもりは毛頭ないのだが興味がある。発行年が10年以上前というのもあって、ちょっと古いのは仕方がない。面白かった。2016/08/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/46886

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。