新潮文庫<br> 津山三十人殺し―日本犯罪史上空前の惨劇

個数:

新潮文庫
津山三十人殺し―日本犯罪史上空前の惨劇

  • 提携先に4冊在庫がございます(2017年11月19日 12時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 364p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101218410
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

その男は三十人を嬲り殺した。しかも一夜のうちに―。昭和十三年春、岡山県内のある村を鮮血に染め「津山事件」。入念な取材と豊富な捜査資料をもとに再現される、戦慄の惨劇。不朽のノンフィクション。

目次

第1部 事件(惨劇;事後;論評)
第2部 犯人(一歳(大正六年)中流の農家
二歳(大正七年)父、肺結核で死す
三歳(大正八年)母、肺結核で死す
四歳(大正九年)姉しゃんはお手玉がうまいな
六歳(大正十一年)祖母の里 ほか)

著者紹介

筑波昭[ツクバアキラ]
1928(昭和3)年、茨城県生れ。日本大学芸術学部中退。新聞記者を経て作家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)