新潮文庫<br> 猟犬探偵

新潮文庫
猟犬探偵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101218144
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

失踪した猟犬探しを専門とするアウトロー探偵・竜門卓。相棒の猟犬ジョーとともに、北大阪の山林の丸太小屋に事務所を構える。犬探しの依頼が、数々の事件を巻き起こしていく―。野性、狩猟、そして男の生き方と友情を綴った、ちょっと泣かせるハートウォーミングな連作短編4編。惜しまれつつ逝った“永遠の不良老人”作家の遺作にして、ハードボイルドのひとつの到達点である。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KEI@ I ⭐️ YOKOHAMA

34
「セント・メリーのリボン」に登場した猟犬探偵・竜門卓と愛犬ジョーが活躍する続編の短編4編。猟犬ばかり探すのではなく、トナカイもサラブレッドも。売り飛ばされそうになる猟犬たちを救うための大立ち回り、竜門さんに魅了されました。いいなぁ!こんな人♡ 心を掴まれましたよ。丸太小屋に住みジョーとバドワイザーを分かち合う姿も、時折挟まれるユーモアも食事の場面も、野性味溢れる姿も申し分ありません。著者遺作の為、新たな竜門さんにはお目に掛かれませんが、また再読して能勢を訪れたいと思います。お薦め本。2017/05/12

カムイ

13
ハードボイルドを読みたいなと思うと、つい、この本に手を出してしまう数年に一度読んで視ると新しい発見がある、竜門の漢らしさと優しさに心惹かれる、相棒ジョーとの探偵するのだが、探すのは人間ではなく、トナカイや馬である、竜門は猟犬を探す探偵になるはずだったが、なぜこんな依頼しか来ないのかとなげくが、断りはしない。 人との付き合いに疲れた時にはこの本を読んでリセットする。2019/03/08

ふゆ

8
なんか…去年すごいテンションでこの単行本を手に入れた感想を書いたような気がします…読友さんに「冬に読んでほしい!(フユだけに…)」とか言っといて手に入れたら我慢できないで自分は読んじゃう。箱ティシュおよびバスタオル準備オッケ?不器用で優しくて武骨でロマンチスト、超カッコいい相棒付きの猟犬探偵竜門、何度でも読みたい。どのお話が好きとかとても決められないです。2019/04/30

よっぴ

8
探偵と最後に付く本、短編集、ハードボイルド。。セントメリーのリボンの実質的な続編になる。「猟犬」という限定された生き物を追う探偵の物語。一種のスーパーマン的な部分が強いので緊張感は幾分弱く感じたが、文書は美しく読みやすく力強いので、ぐいぐいと読ませる力は凄い。この作者の長編は読んだ事が無いが、非常に読むのが楽しみ。◆この本の探偵は、猟犬を中心とした「飼い主に依頼されて犬を探す探偵」です。2012/10/14

ふぅ

6
セントメリーのリボンで好きになって、続編の本書でさらに好きになりました。とにかくかっこいい。前にも感じたけれどウエスタンカウボーイ!のよう。「シェーン」「荒野の1ドル銀貨」とか(笑)2016/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/501596

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。