新潮文庫
舶来屋

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 584p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101217291
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

闇市から出発し、エルメス、グッチ、セリーヌ、エトロ…数々の一流品を日本に紹介した銀座の高級ブティック「サンモトヤマ」。その創業者・茂登山長市郎は戦時中に天津で出会った西洋の逸品の買い付けに奔走する。パリやフィレンツェの老舗で何度門前払いされても挫けず、そして出会った幸運。日本人の逞しさ、美しい物への愛、商人の矜持を鮮やかに描いた、痛快で心にしみる一代記。

目次

第1章 運と縁
第2章 赤いドル
第3章 文化を売る
第4章 逃げていく魚
第5章 どこまでも

著者紹介

幸田真音[コウダマイン]
1951年滋賀県生れ。米国系銀行や証券会社での債券ディーラーや外国債券セールスなどを経て、’95年『ザ・ヘッジ回避』(文庫版は『小説ヘッジファンド』と改題)を上梓し、作家に転身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

エルメス、グッチ……。終戦の闇市から銀座にブランドブームを仕掛けたビジネスマンの一代記。それは「文化」を売る商人だった。

闇市から出発し、エルメス、グッチ、セリーヌ、エトロ……数々の一流品を日本に紹介した銀座の高級ブティック「サン モトヤマ」。その創業者・茂登山長市郎は戦時中に天津で出会った西欧の逸品の買い付けに奔走する。パリやフィレンツェの老舗で何度門前払いされても挫けなかった。そして幸運な出会い。日本人の逞しさ、美しい物への愛、そして商人の矜持を鮮やかに描いた、痛快で心にしみる一代記。