新潮文庫<br> いつも彼らはどこかに

個数:
電子版価格 ¥539
  • 電書あり

新潮文庫
いつも彼らはどこかに

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月22日 09時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101215273
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

競走馬に帯同する馬、そっと撫でられるブロンズ製の犬。動物も人も、自分の役割を生きている。「彼ら」の温もりに満ちた8つの物語。

たっぷりとたてがみをたたえ、じっとディープインパクトに寄り添う帯同馬のように。深い森の中、小さな歯で大木と格闘するビーバーのように。絶滅させられた今も、村のシンボルである兎のように。滑らかな背中を、いつまでも撫でさせてくれるブロンズ製の犬のように。――動物も、そして人も、自分の役割を全うし生きている。気がつけば傍に在る彼らの温もりに満ちた、8つの物語。

内容説明

たっぷりとたてがみをたたえ、じっとディープインパクトに寄り添う帯同馬のように。深い森の中、小さな歯で大木と格闘するビーバーのように。絶滅させられた今も、村のシンボルである兎のように。滑らかな背中を、いつまでも撫でさせてくれるブロンズ製の犬のように。―動物も、そして人も、自分の役割を全うし生きている。気がつけば傍に在る彼らの温もりに満ちた、8つの物語。

著者等紹介

小川洋子[オガワヨウコ]
1962(昭和37)年、岡山県生れ。早稲田大学第一文学部卒。’88年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。’91(平成3)年「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。2004年『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞。『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花文学賞、’06年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞、’13年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。翻訳された作品も多く、海外での評価も高い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちなぽむ@休止中

174
限られた世界でひそやかに生きる人たちの静かな生活を、ひと匙丁寧に掬いとったような8つの物語。寂しげで淡々としていて、控えめ。優しさで繋がったり、不穏な世界が唐突に終わっていたり。 いつもどこかにいる彼らは、誰の為でも、それこそ自分の為ですらなく、ただただそこにいる。そのひたむきな存在にぞっとさせられたり心をあたためられたりしながら生きていく。 静謐で穏やかで、あたたかく冷たい森で亡くなった人を思う「ビーバーの小枝」、美術館でのひそやかな交流「目隠しされた小鷺」、旅代行業の女性の「竜の子幼稚園」が特に好き。2018/10/26

KAZOO

156
小川洋子さんの短編集です。小川さんのは結構短篇が好きで読んでいますが、この8つの話は不思議なイメージを与えてくれる気がしました。最初の話などは、ディープインパクトが出てきたりしてひょっとしたら小川さんは競馬が結構好きなのか、と思ったりしました。すべて読み終わるとどこかもう一つの世界が存在するかのような印象を与えてくれます。物語の世界です。2016/10/01

關 貞浩

107
いつもどこかにいる生き物たち。言葉を持たないからこそ、心静かに彼らの息づかいに耳を傾けなければ、その生命のぬくもりを感じ取ることはできない。やがてすべての生命は終わりを迎える。すべてのものが死へと向かう、一見虚ろなこの宇宙。元の形を失った、かつて何かであったものたちによって私たちは取り巻かれ、私たち自身が構成されている。輪廻を超えた無限の律動。追憶の情景。日常という永遠に終わることのない追悼式。いまはもういない忘れられたものたちの愛でこの世界が満たされているということに、私たちはちゃんと気づけるだろうか。2018/02/27

ふう

105
どの物語を読んでも思うことですが、小川さんの作品を読むといっそう強く思うことがあります。わたしが使う言葉と同じ言葉で書かれているのに、まるで違う国の言葉を使っているかのように独特で不思議な世界だなと…。そして、その世界がとても心地良くて、そこでずっと迷子になっていてもいいなと。 迷子になって小道を歩いていると、あゝなんてすてきな場所だろうと思えるところに出合います。誰にも気づかれず、静かに自分の仕事をしている「彼ら」がいる場所。 そんな場所を、わたしも自分の心の中に持っていたいと思います。2017/02/03

ジンジャー(C17H26O4)

103
意識している場合だって、全く意識していない場合だって、彼ら、つまり生き物が(生きていない物でも)、誰かの何かの行動と結びついていること、誰かの何かの欠落をうめていること、ごく自然に当たり前のようにあると思う。そうだったのかと後から気づくこともあったり、なかったり。きっと誰かと彼らとのさまざまな関係の中で、密やかに起こっていることなのじゃないかな。まるでちょっとした奇跡みたいに。ただし。よい作用ばかりをもたらしているとは限らない。2020/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10123885

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。