新潮文庫<br> あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅

個数:

新潮文庫
あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月18日 03時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 580p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101210520
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

出版社内容情報

父は戦争孤児だった。満州で家族と生き別れ、中国人として育てられた。文化大革命の嵐が吹き荒れるさなか、自力で祖国日本への帰国を果たすが、それは自分を守り、育ててくれた、優しい養母との長い別れも意味していた。父の半生を知りたい。21歳の秋、私は中国へ旅立った──。家族の歴史と運命を描き出し、戦争と人間の真実に迫る。圧倒的評価でノンフィクション賞 3 冠に輝いた不朽の傑作。

城戸 久枝[キド ヒサエ]
著・文・その他

内容説明

父は戦争孤児だった。満州で家族と生き別れ、中国人として育てられた。文化大革命の嵐が吹き荒れるさなか、自力で祖国日本への帰国を果たすが、それは自分を守り、育ててくれた、優しい養母との長い別れも意味していた。父の半生を知りたい。21歳の秋、私は中国へ旅立った―。家族の歴史と運命を描き出し、戦争と人間の真実に迫る。圧倒的評価でノンフィクション賞3冠に輝いた不朽の傑作。

目次

プロローグ ロング・アンド・ワインディングロード
第1部 家族への道“父の時代”(遠い記憶;失意の底から;心、震わせて;幾つもの絆)
インターミッション
第2部 戦後の果て“私の時代”(父の生きた証;傷だらけの世界;歴史を生きる者たち;満州国軍と祖父;運命の牡丹江)
エピローグ 精神のリレー

著者等紹介

城戸久枝[キドヒサエ]
1976(昭和51)年、愛媛県生れ。徳島大学総合科学部卒業。大学在学中の’97(平成9)年から二年間、中国吉林省長春市の吉林大学に国費留学。貿易会社、出版社勤務を経て、ノンフィクションライターに。国交回復前の中国から’70年に自力で日本に帰国した元戦争孤児の父の足跡を追った『あの戦争から遠く離れて』で、大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞、黒田清JCJ新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

芋煮うどん

4
壮大。事実だからこそ、胸をうたれた2020/07/11

UP

4
文句なし五つ星。ノンフィクション作品として数々の受賞をしているのも納得。中国残留孤児の父の物語と筆者(娘)が父の出生を紐解く物語が無理なく織り込まれている。ほぼ挿絵もないのに、情景がありありと浮かび、デビュー作?だとしたらその描写の上手さに驚く。父親が直面してきた艱難辛苦の様子を、娘とはいえ本人ではない筆者が淡々と、でも肉厚な筆致で迫ってきてあっという間に読了。人間を一面的に理解しない、筆者の多面的な観察力が光ります。筆者はこのテーマで書くことを運命付けられていたのかと思ってしまう。いい本を読んだなあ。 2018/12/23

にやり2世

2
養母の話では何回も泣いてしまう。この母の愛情にこたえるために努力し続けた姿にもっと涙が出てくる。あそこで国籍を変えなければ…と読んでる私が悔しいんだけど。とにかく、この一族の絆がこれから何十年も何百年も続いてほしい。2019/09/28

yumaetty

2
中国残留孤児の生涯がドラマチックなのは予想できたけど、その父親である祖父(満州国軍人)、著者自身の関わりまでしっかり客観的に描ききっていて、どこか淡々としているのに、大河ドラマのよう。今まで読んだ本の中で一番感動したかもしれない。2019/08/13

スターリーナイト

1
2022-032022/01/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13006218
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。