新潮文庫<br> ローマ人の物語〈15〉パクス・ロマーナ(中)

個数:

新潮文庫
ローマ人の物語〈15〉パクス・ロマーナ(中)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月28日 06時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 210p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101181653
  • NDC分類 232
  • Cコード C0122

出版社内容情報



塩野 七生[シオノ ナナミ]
著・文・その他

内容説明

「帝政」の名を口にせず、しかし着実に帝政をローマに浸透させていくアウグストゥス。彼の頭にあったのは、広大な版図に平和をもたらすためのリーダーシップの確立だった。市民や元老院からの支持を背景に、アウグストゥスは綱紀粛正や軍事力の再編成などに次次と取り組む。アグリッパ、マエケナスという腹心にも恵まれ、以後約200年もの間続く「パクス・ロマーナ」の枠組みが形作られていくのであった。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

427
マキアヴェッリは言った。「カエサルが殺されずに人生をまっとうしていたとしたら、彼の政策はあのままでは進んではいなかったであろう」。さすれば、あの時期にカエサルが殺され、アウグストゥスにバトンタッチしたことは、ローマの発展にはプラスであったのだろう。カエサルはカエサルのままで、アウグストゥスのようであることはできない。もっとも、稀代の天才カエサルは我々凡人には先が全く読めないのだけれど。この巻では、アグリッパを副官に選んだカエサルの慧眼、そして生涯にわたってそれを見事に全うしたアグリッパの存在がが光る。2019/11/20

ehirano1

140
「ユリウス姦通罪・婚外交渉罪法」と「ユリウス正式婚姻法」を以って少子化対策するとは・・・、いやはや心底驚きました。しかし能く読んでみるとなるほどうまいなぁ、となってしまいます。2017/08/18

ケイ

102
ここまでは、外敵との闘いや内部での権力争いで起こった戦争の話が続いたが、この巻はアウグストュスが行った内政改革や、彼の右腕のアグリッパが行った軍事の整備についての記述がほとんどで、些か読むスピードがダウンしてしまった。やはり、国を治める者は国に足をしっかりと付けていなくてはいけないのだろうか。南仏のポンデュガールがアグリッパによるものと知って感動した。あんな立派なものを紀元前に作っていたとは!2014/10/29

ハイク

101
アウグストゥスには二人の補佐役がいた。アグリッパは軍事方面であり、マエケナスは外交であった。この補佐役が十二分に働いた。アウグストゥスはようやく国家が安定してきたので、今後を見据えてのローマ帝国の基礎固めである。軍事 改革は広い領土を防衛する為非常に重要な改革であった。まず軍の定員は財源から考えて15万人が精一杯であつた。その代り補助兵の制度を作り補った。税制改革も行った。ローマ市民と非ローマとに分け、また間接税として贅沢税として税金を集めた。こうしてパクス・ロマーナの基礎固めを行なったのである。 2018/09/17

優希

92
着実に帝政がローマに浸透していくのがわかります。共和政を実現すると言いつつ、アウグスティヌスの念頭にあったのは平和をもたらす指導者だったに違いありません。市民や元老院の支援を背景に、組織改革に次々と取り組み、アグリッパとマエケナスという腹心をも得て、パクス・ロマーナは徐々に完成されていくように見えました。2018/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/575770
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。