新潮文庫<br> ローマ人の物語〈10〉ユリウス・カエサル―ルビコン以前(下)

個数:

新潮文庫
ローマ人の物語〈10〉ユリウス・カエサル―ルビコン以前(下)

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年04月21日 02時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 236p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101181608
  • NDC分類 232
  • Cコード C0122

出版社内容情報



塩野 七生[シオノ ナナミ]
著・文・その他

内容説明

ガリアの諸部族の粘り強い抵抗に苦しみながらも、8年にわたる戦役を制し、ついにカエサルは悲願のガリア征服を成し遂げる。しかしその間、パルティアではローマ軍が敗北し、軍を率いていたクラッススが死亡。「三頭政治」の一角は崩れ、カエサル打倒を誓う「元老院派」はこの機に乗じてポンペイウスの取り込みを図る。新秩序樹立のためのカエサルの壮絶なる孤高の戦いが再びはじまる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

146
「賽は投げられた!」―紀元前49年1月12日のことだった。ユリウス・カエサルは、ついにルビコンを越えたのである。ここを越えることは、すなわちローマにとって国賊となることを誰よりも知りつつ。この場面では、塩野ローマ史の特質が遺憾なく発揮される。ただ1人、カエサルから離反してティレニア海側から密かに国境を越えたラビエヌスをここで描くことがそれだ。表面的にはけっしてそうではないのだが、実はカエサルにとってきわめて内的なドラマが、そこに静かに描かれるのである。まさに歴史家ではない、文筆家塩野七生の面目躍如である。2013/01/09

レアル

108
ガリア戦役の終結。始まったばっかりのガリア戦よりラストに近づくガリア戦の方が面白い。そしてカエサル自身がローマの敵になる!「賽は投げられた」ととうとうルビコンを越えてしまった!物語としては盛り上がってきたけど、カエサルのラストも近づいてきたのかと思うと、悲しい。。2013/11/01

ハイク

92
カエサルのガリア戦役の最終章とルビコン川を渡る所までを描いている。ヴェルチンジェトリックスの強力なリーダーシップでガリアをひとまとめにして、卓越した戦術でカエサルと戦った。途中まで優勢に進めていたが、やはりカエサル にはかなわなかった。これでもって7年間のガリヤはカエサルの勝利で終わった。三頭政治の一角のクラッススはオリエントで死亡した。ローマでは元老院がポンぺウスを取り込みカエサルを追い落とす画策を始めた。カエサルはついにルビコン川を渡りローマに向かった。ローマ人物語の見どころの一つである。 2018/08/22

ehirano1

87
そして留守番二頭は、ついにやらかした。2017/03/10

優希

85
8年にわたるガリア戦役でしたが、遂にその統一を果たしたカエサル。しかし、その一方ではパルティアでのローマ敗北、クラッススの死という暗雲が立ち込め、三頭政治は崩壊へと向かったようです。だからこそ、カエサル打倒の動きが出てきたように思えました。権力を自らのものにしたカエサルの運命は危機へと立たされ、一体どのような方向へ進むのか気になるところです。2018/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574392
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。