新潮文庫<br> 敵

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫

  • 筒井 康隆【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 新潮社(2000/12発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 10pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101171395
  • Cコード C0193

内容説明

渡辺儀助、75歳。大学教授の職を辞して10年。愛妻にも先立たれ、余生を勘定しつつ、ひとり悠々自適の生活を営んでいる。料理にこだわり、晩酌を楽しみ、ときには酒場にも足を運ぶ。年下の友人とは疎遠になりつつあり、好意を寄せる昔の教え子、鷹司靖子はなかなかやって来ない。やがて脳髄に敵が宿る。恍惚の予感が彼を脅かす。春になればまた皆に逢えるだろう…。哀切の傑作長編小説。

著者等紹介

筒井康隆[ツツイヤスタカ]
1934(昭和9)年、大阪市生れ。同志社大学卒。’60年、弟3人とSF同人誌“NULL”を創刊。’65年、処女作品集『東海道戦争』を刊行。’81年、『虚人たち』で泉鏡花文学賞、’87年、『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、’89(平成元)年、「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、’92年、『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。’97年、パゾリーニ賞受賞。2000年、『わたしのグランパ』で読売文学賞を受賞。’02年、紫綬褒章受章。’10年、菊池寛賞受賞。’17年、『モナドの領域』で毎日芸術賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

83
老人文学としてジャンルが確立されていると思いました。一人暮らしの老人・儀助の日常が淡々と語られていくうちに、何者か分からない「敵」が現れる。何が幻で何が現実かが分からなくなる世界観が老いというものかとぼんやり考えさせられます。細かい日常を軸に、物語が展開していくにつれ、「死というものが見えるようでした。ナンセンスながらも物哀しさが流れているのを感じます。意識の深層にあるものが残酷に炙り出された作品だと思いました。2016/01/27

そうたそ@吉

32
★★★☆☆ 静かなる老人文学というところか。仕事も退職し、妻にも先立たれ、独り身で悠々自適の余生をおくる老人渡辺儀助の日常が淡々と描かれる。注目すべきはその日常における細部まで徹底した描写が貫かれているところである。現実が非現実へと向かっていく様は死へ近づいている風も思わせられる。夢の描写が多くなるあたり、「夢の坂分岐点」辺りから夢への興味を作品に反映してきた傾向が断筆宣言解除後のこの作品にも残っているように思う。淡々とした描写が続くが、不思議と飽きずに読み進められるのはさすがの筆力であろう。2017/11/06

たま

25
一人暮らしの老人の日常を細部まで描写することから始まっているのですが、擬音が当て字表記になっているところが既にこちらを心許ない気持ちにさせてきます。そうしているうちに老人の意識と無意識の境界線が曖昧になっていき、書かれていることは過去に本当にあったのかそれとも彼の夢または幻なのかが少しずつ分からなくなっていく不安感をこちらも感じますが、もしかしたらこの感覚が"老い"、"耄碌"なのかもしれないと思いました。果たしてこれは老いが人に与える幸せなのか哀しみなのか…ということを考えさせられた良い老人文学でした。2014/11/07

吾亦紅

15
元大学教授儀助の悠々自適な毎日。自律したスタイルがありながらも贅沢も忘れない。そんな生活スタイルの仔細な描写で始まるが、半分を過ぎたあたりから夢の描写が多くなる。次第に夢とうつつがないまぜになってゆく。境界線もわからなくなっていく。「敵」とはなんだろう。「死」ではなく、自分の頭の中の崩壊なのだろうか。でも儀助は明晰な頭でこう言っていた。「酔っぱらったままで眠りその夢の中に死ぬことが実に素晴らしいことと思えるのだ」と。最後の章、首を45度に傾けて春雨の音に耳を傾ける姿は一幅の絵になる景色だと思った。2019/01/31

三柴ゆよし

10
これすごい。老人文学の大傑作。妻に先立たれた独居老人の暮らしを執拗に描写していく。作者自身をモデルにしている部分も多分にあると思うが(無論、筒井氏の奥さまはご健在だけど)、その徹底的に客観した観察眼が半端じゃない。現実と虚構、此岸と彼岸の境界を、気付かぬままにゆるゆると越えていく。そのさまが怖すぎる。「老い」と「死」、「夢」といったテーマは、『ダンシング・ヴァニティ』にも通ずるものだが、本作ではそれが静謐な気配となって現実を侵食してくる。そして、ラスト・シーンの寂寥感。使徒使徒。死都死都。からっぽだ。2009/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/559493

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。