新潮文庫<br> 嵐吹く時も

個数:
電子版価格
¥1,045
  • 電書あり

新潮文庫
嵐吹く時も

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月25日 03時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 672p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101162263
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

天売・焼尻島を眼前に望む北海道苫幌村唯一の商店は、中津順平が行商から興した店だった。妻のふじ乃は美貌と陽気な性格で店を側面から支え、娘の志津代は賢明に成長しつつあった。順平の留守のある日の深更、志津代は、庭から逃げる男を見た。月を経てふじ乃は男児を出産。この時から中津家の人々の人生は、暗転しはじめる。三浦文学の源流、二組の祖父母をモデルに人生の輝きと儚さを描く。

内容説明

天売・焼尻島を眼前に望む北海道苫幌村唯一の商店は、中津順平が行商から興した店だった。妻のふじ乃は美貌と陽気な性格で店を側面から支え、娘の志津代は賢明に育ちつつあった。ある夜、志津代は庭から逃げる男を見た。月を経てふじ乃は男児を出産。この時から中津家の人々の人生は暗転しはじめた―。著者自身の二組の祖父母をモデルに人生の輝きと儚さを描く傑作。上下巻を一巻に合本。

著者等紹介

三浦綾子[ミウラアヤコ]
1922‐1999。旭川生れ。17歳で小学校教員となったが、敗戦後に退職。間もなく肺結核と脊椎カリエスを併発して13年間の闘病生活。病床でキリスト教に目覚め、1952(昭和27)年受洗。’64年、朝日新聞の一千万円懸賞小説に『氷点』が入選。以後、旭川を拠点に作家活動。主な作品に『塩狩峠』『道ありき』『天北原野』『銃口』など。’98(平成10)年、旭川に三浦綾子記念文学館が開館(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

40
三浦綾子さんの家族がモデルになった小説のようです。人間の愛と哀しみが紡がれているように感じました。キリスト教の信者だからこそ、人々を深く掘り下げて描いているのだと思います。2022/06/17

ソーダポップ

36
「嵐吹く時も」は、人間の愛と苦しみのドラマを、より生々しく展開した作品である。この著書は、実に人間味に富んだ多彩な人物が登場する。そして、それぞれがキリスト教徒である三浦綾子さんが描く迷える羊として生き、嵐に吹かれながらも、愛し許しあって生きる世界を求めているのだと思う。その人物たちの言動と指向には深いリアリティがあるとともに、三浦綾子さんが、「嵐吹く時も」に注ぎ込んだ愛と祈りを感じとることが出来た作品でした。2022/05/28

綾@新潮部

28
明治時代から大正・昭和と変動の時代に、家族のありかたや小さな事件大きな事件を描いた壮大な話だった。主人公は志津代だが、その両親の生い立ち・両親の苦悩などが描かれ、そして志津代の少女時代から数十年が描かれている。解説含め670ページほどという長編だが、思ったよりは早く読めてしまう。人間は罪深い生き物だが、それだけではない。家族を思い人を思い、生きていく。それぞれの立場での成長もすごかった。特に新太郎には泣かされた。2024/02/20

チサエ

10
ほんとうの親子とはなんだろう。血の繋がり?育てた年月?絆?改めて考えてみるとなんてあやふやなんだろう。見えない縁を信じている。そして人はあやまちを犯しながら生きている。あやまったひとつのことが、その後の人生に大きな影響をもたらす。誰もがそうしたあやまちの中で生きているなら、人のあやまちも許せると思うけれど、案外、人のことは許せないのが人間関係というもの。『嵐吹く時も』、ほんとうに嵐吹く時も変わらない関係を築けたら良き。30年ぶりくらいの再読、当時は上下巻だったと思うけど合本になっていてありがたかったです。2022/07/04

akiko

6
何年ぶりの三浦綾子さん。やっぱりずっしりきますね。色んな性格の人物が登場して、それぞれ悩みがあり、誤りを犯しながらも生きていく。最後には残念な死もありましたが、人生を考えたくなる話でした。2022/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19492028
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。