新潮文庫<br> 真田太平記〈第11巻〉大坂夏の陣 (改版)

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

新潮文庫
真田太平記〈第11巻〉大坂夏の陣 (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月29日 05時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 567p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101156446
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

和議休戦の翌日から、徳川安康はすべての参陣者を動員して外濠のみならず内濠までも埋め立てさせ、真田丸もまた破却されてしまう。幸村を取りこもうとする家康の計略により、信之(信幸改め)と幸村は京都で会見するが、幸村の家康の首を取るという信念はゆるがない。元和元年五月七日、裸城となった大坂城を打って出た幸村は、若き日の予感どおりに向井佐平次とともに戦場に倒れる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

とん大西

121
栄光の残滓にすがる士などいやしない。死に場所を得た後藤又兵衛、痺れる闘いを求めた毛利勝永、そして家康の首に穏やかな執念を抱き続けた幸村。夏の陣、大坂城ついに堕つ。日ノ本一の兵として散った幸村。兄・信之の哀愁も、お江の思慕も、佐平次の慕情も、三九郎の憧憬も全ては夢のあと。『真田丸』や「城塞」でも幾度か遭遇してきたカタルシス。あぁ、やはりこの男を喪うのは悲しい。信之と幸村…開戦前の最後の再会がなんとも叙情的。盃に満たした互いの思い、語り合う目と目…もう胸がいっぱいです。長い長い物語、いよいよエピローグです。2021/08/10

優希

101
大坂の陣、勃発です。何と言っても家康の動きが凄いとしか言えません。老齢にして陣営を率いる力は並々ならぬものがあります。真田丸を破却されたことで、幸村軍の不利は見えたようなもの。それでも家康の首を狙う幸村は、豊臣への想いが強いのでしょう。だからこそ、その戦いぶりは涙を誘います。健闘虚しく、戦場に散っていくのが悲しい。でも、その姿は最後まで立派な武将そのものでした。豊臣の最期は、幸村の死でもあったのかもしれません。家康も去り行く予感を匂わせつつ、物語も終わろうとしています。2016/11/09

シン

87
最終巻目前、大坂夏の陣にて真田幸村戦死!?歴史的事実ではあるがストーリー構成上どうなるのか?最終巻はやはり信之を中心に展開されるのでしょうか?長い道のりでした。あともう一息。長かった。2016/05/04

伊田林 浮刄@RinGoddess

83
★★★★☆幸村死す。何に限らず歴史物ってある意味最初からネタバレなわけで死に向かってのカウントダウンが始まってからは頁をめくる手が「早く読みたい」と「読み進めたくない」の間で行きつ戻りつ状態。最後の最後まで追い求めた大御所の首級を獲るための僅かな希望や戦略や可能性も全て絶たれ絶望のなか家康の本陣に突っ込んだ彼の気持ちは如何ばかりか。でも400年経った今もこうして小説や大河に描かれてるんだから以って瞑すべしかもですな2016/10/03

財布にジャック

71
出だしの巻の幸村と佐平次のくだりを懐かしく思い出して涙してしまいました。「向井佐平次。共に死のうぞ。」というセリフのあたりから、もうダメでした。幸村の勇姿をこの目で見とどけなくてはと思う気持ちと、悲しくて先を読みたくない気持ちとの葛藤に苦しみ、この巻一冊を読み終えるのに何日もかかりました。大阪夏の陣のMVPの幸村は、やっぱり女性の憧れの武将です!2011/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571684

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。