新潮文庫<br> 真田太平記〈6〉家康東下 (改版)

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
真田太平記〈6〉家康東下 (改版)

  • 池波 正太郎【著】
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 新潮社(2005/01発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年09月23日 18時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 545p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101156392
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

幼い秀頼と豊臣家の行方を案じつつ秀吉が亡くなると、徳川家康は朝鮮の役での文治派と武断派の対立を巧みに操りつつ豊臣家を分断していく。そして石田三成と結んだ上杉景勝を撃つべく家康が会津に兵を進めると、三成が兵を挙げ、ここに東西決戦の陣形が定まる。この重大局面にあたって真田父子は会津出陣の途上で一夜会談し、昌幸と幸村は徳川軍団を離れて上田城に帰り、信幸は留まる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

171
ようやく全編の折り返しまできた。いよいよ6巻なると時代や人物が濁流の如く流れゆくような気がしてくる。様々に読みどころはあるが一番印象に残るのは石田三成。器の無さが徐々に見えてきてしまうくだりは痛ましく、フェードアウトするかのようにこの巻が終わるので、なにか儚さのようなものを感じてしまった。2017/03/08

やま

158
【再々読】 血沸き肉躍る!!真田太平記㈥ 2011.03発行。大活字文庫。 上信州にまたがる真田家の領地を守るため、真田昌幸、長男・信幸、次男・幸村の活躍の物語です。 石田三成たちと加藤清正たちの確執を利用して、徳川家康は、豊臣家の家臣団を分裂させます。 会津では、上杉景勝が、領内の城、砦などの戦仕度を始めています。 家康がどう動くか、日の本中の大名たちが、緊張をもって見ています。 その中で、向井佐平次の息子で真田の草の者・佐助16才は、一人前の草の者として働くまでに成長してきました。🌿続く①➁→2020/11/05

とん大西

121
長い長い物語は書き手と読み手の体力勝負の側面もあります。折り返しの第6巻は関ヶ原前夜。真田家と伴走したり、歴史の上空から俯瞰したりで流石に読み疲れもありますが、これはこれでちょいと酩酊感も伴う長編の一つの趣かと思います。犬伏の密談そして別離。大河では緊迫感漂う名シーンですが、本作のように多くを語らず酒を酌み交わす昌幸、信幸、幸村のいぶし銀の佇まいもなんとも粋です。真田家のみならず政局に翻弄される大名小名。義憤、友情、野心、疑心暗鬼。天下分け目の関ヶ原-英傑も英傑未満も各々の憂いと大義を抱え迎えることに…。2021/05/22

優希

103
関ヶ原の直前までが描かれます。秀頼と豊臣の行方を案じる秀吉の死後、家康の力が急に強まったように見えました。豊臣を分断することでその権力を誇示する家康。それは景勝を撃つための会津攻撃が発端だったのかもしれません。同時に、三成の動きが、真田の運命を決めたといえるでしょう。敵味方となる昌幸と信幸の決別があっさりとした感はありますが、非常さをあえて描かなかったことが戦国を生き抜く力になったのだと思います。再び戦乱へと歩み始める武将たち。いよいよ関ヶ原が幕を開けます。2016/11/05

伊田林 浮刄@RinGoddess

94
★★★☆☆命をかけて徳川軍から守り抜いた上田城を今度は家康の命で攻めなければならない信幸の心情たるやいかばかりか父や弟と袂を分かった犬伏の別れこれぞThe戦国時代。信幸の全てを達観した苦い笑顔が哀しい/そして恐らく自身の死に場所を定めた草の者たち「女であるのは今宵限りでございます」と幸村に抱かれたお江/すべては次巻天下分け目の関ヶ原へとto be continued2016/08/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571678

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。