新潮文庫<br> 真田太平記〈3〉上田攻め (改版)

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
真田太平記〈3〉上田攻め (改版)

  • 池波 正太郎【著】
  • 価格 ¥869(本体¥790)
  • 新潮社(2005/01発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月23日 18時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 586p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101156361
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

上州・沼田城の帰属をめぐり北条家と争う真田昌幸は、ついに徳川・北条連合軍と戦端を開く。出来たばかりの上田城に拠った昌幸父子は、捨身の決戦で数倍の敵を退ける。そして、旧態依然たる北条家のふるまいに嫌気がさした豊臣秀吉は、甲賀忍びの御伽衆・山中長俊の仕組んだ謀略を使って開戦にもちこみ小田原城を攻め落とす。こうして秀吉の天下統一はなったのだが…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

169
これまでの2冊も面白く読んではきたが、この3巻に入って作品がいよいよ本領を発揮しだして怒涛の面白さ。真田家のみならずマクロな視野が入ってきて特に歴史小説を読む醍醐味に溢れる。小国が大国を翻弄したり謀略戦あり移り変わる時代の波など多角的な味わい。最後のページまで読んでも続きが気になり、当分は真田太平記から離れられなさそう。次巻へ。2017/02/04

やま

168
【再々読】 血沸き肉躍る‼‼ 真田太平記㈢ 2010.12発行 大活字文庫 豊臣秀吉の天下統一は、豊富な財力で、兵の出血を極力抑えて行う、やり方は凄いものです。ただ、天下統一後の道筋が見えないのが残念です。近親の死を受け心が相当に疲れた秀吉が、何かにつかれたように朝鮮へ兵を出す。 真田家は、上田に徳川軍を向かえ、沼田に北条軍を向かえと、大変な中で上杉景勝の男気が素晴らしいです。真田が領地を…守るために戦っている様が手に取るようにわかる描写です。特に音読していますと、感情が…、もう笑いと、涙がと大変です。2020/08/30

とん大西

120
未だ壮大な物語の序盤ではありますが、初巻から絶えることない筆致の熱量には只々敬服するばかりです。で、当巻はエンタメ感てんこ盛りの趣。計略が見事にハマった上田合戦の完勝にワクワクし、名胡桃城の謀略合戦にドキドキする。秀吉や家康という大勢力を向こうにまわして腹を探りあい、牽制し、すかし、謀る。正に戦国小説の醍醐味です。そして天下統一…秀吉のもとにひれ伏すに至った英傑達。「真田丸」をはじめとする往年の大河の名場面が数多思い出されます。かりそめの平穏を享受する真田…そして斜陽の兆しをみせる豊臣。さぁ天下の行方は。2021/05/03

優希

102
一気に時代が進みますね。上田攻めから小田原攻め、朝鮮出兵前夜までと盛り沢山。徳川・北条との連合軍との合戦で敵を退ける昌幸父子。しかし戦いがそれで終わるはずもなく、北条を滅ぼすべく秀吉による小田原攻め。秀吉の天下統一が遂に成されることになります。幸村は上杉から豊臣の人質にとなりながらも、その活躍は絶妙な働きを見せますね。そして信幸の活躍が凄かったなと。ただ、秀吉が功績をあげても家族に恵まれないのが辛いところですね。歴史の渦がどんどん渦巻いていくので、今後も楽しみです。2016/11/04

伊田林 浮刄@RinGoddess

87
★★★☆☆二十代半ばとハタチくらいの長男夫婦がとってもラブラブ。戦場での無双っぷりと普段の穏やかで優しいところのギャップが魅力的な信幸と昼間はしっかり者の嫁、夜はフェロモン出しまくりで自分からベロチウしちゃう小松殿。でも大泉洋と吉田羊が頭にチラついて困る。なので作者が描くイメージから小松殿は二階堂ふみで脳内あて書き中。信幸はピンとくるのいなくて気がつけば大泉洋のモジャモジャ頭が登場して困ってます。これ一応歴史娯楽小説ですその証拠に本巻では秀吉が天下統一したから2016/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571673

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。